::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

逆さ吊りの女

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、藪の中で男に拉致されたおせいが、怠惰な暮らしに慣れた頃、蔵の中で逆さ吊りにされている女たちを目にしたところまでで――。

女たちはみな丸裸にされておりました。
足首を縄で括られて、天井の梁から逆さに吊るされております。
どの女もでっぷりと肥えている。
人いきれでひどく蒸すようで、みなびっしょりと汗をかいている。

女たちの下の床には、いくつも瓶(かめ)が置かれてある。
額から、頭の毛先から、黄色い汁がポタポタと垂れている。
それがピチャンピチャンとあちこちで音を立てながら、各自の瓶の中へと落ちていきます。

あまりのことに、おせいが立ち尽くしておりますト。

「早く逃げなさい」

ト、そのうちのひとりが声を潜めておせいに言う。

「さもないと、私たちみたいに、逆さ吊りにされて脂を取られてしまうよ」
「あんたも見たところ、だいぶ肥えてきたようだからね」
「早く逃げて、誰か人を呼んできておくれよ」

女たちが口々に申します。
おせいは言葉を失ってしまい、応とも否とも言わぬまま、その場を駆け出していきました。

山中をあてどなく駆けて行くと、そのうちに日が暮れてしまいました。
暗い藪の中で心細い思いをしていたところに、ようやく遠くに灯りが見えてきた。
おせいが大慌てで戸をどんどんと叩きますト、中から白髪の老婆が出てまいりました。

「おやおや、どうしました。そんなに怯えた顔をして」

老婆の優しげな物腰に、おせいはすっかり安心いたしまして。
実はかくかくしかじかト、これまでのいきさつを話しました。

「ともかく、中へお入りなさい。そんな恐ろしい男が、この山に住んでいたなんて。おや、誰か来た」

おせいが戸の隙間から外を見ると、暗がりを誰かがこちらに駆けてくるのが見えた。

「あれです。あの男です」
「それでは、このはしごを登って、屋根裏に隠れてなさい。麻袋があるから、その中に入るのですよ。はしごは私が外しておきましょうから」

おせいは急いで、老婆に言われるままはしごを登り、麻袋の中に身を潜めました。
しばらくするト、どんどんと乱暴に戸を叩く音が聞こえてくる。
ハイハイと答えて、老婆が戸をすーっと開ける音がする。

スポンサーリンク

「今、ここに女が来ただろう」
「来ませんよ」
「嘘をつけ。俺はちゃんと見たんだ」
「見えるわけなかろう。こんなに暗いのに」
「灯りがついているから、人影がしっかり見えたのだ」
「わしの影が二つに見えたのだろう」
「ばか言え。婆あと若い女を見間違えるわけがない」

おせいは、老婆の口調が次第にぞんざいになっていくのが気になった。

「また、人の育てた女を横取りする気だな」
「いいでねえか。お前は十分儲かっているだろう」
「それじゃあ、今度限りだぞ。おっかあ」

その一言に、おせいはぞっと血の気が引きました。

「それで、どこにいる」
「天井裏だよ」
「いつもの麻袋か」
「そうだ。ついでだから、縄を引っ張っておくれよ」
「世話の焼ける婆あだ」

おせいは麻袋から抜けだそうと、じたばたもがきます。
が、気づいてみると、己の身は袋の内側に仕込まれた縄に絡まっている。
もはや蜘蛛の巣にかかった、か弱い蝶のようなもので。

急に強い力で引っ張られたかと思うと、その拍子に表の麻袋が引き破られた。
おせいは目の粗い網縄の中に囚われておりまして。
天井に開いた穴から階下に向かって、逆さ吊りになっている。
階下に垂らした縄の端を引くと、こうなるように仕掛けられていたようでございます。

こちらを見上げる男と老婆の姿が、おせいの目に逆さに見えている。
ふと視線を移すと、己の下にはすでに大きな瓶が用意されていた。

その瓶の中に、妙に生臭い黄色の汁が溜まっているのが、見えまして。
おせいの脂汗が、ピチャンピチャンと音を立てて、その中へ落ちていったという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(喜界島ノ民話ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから