::お知らせ:: 最新怪異譚 焼き場の妖異が我をたばかる を追加しました

 

小幡小平次

この怪異譚をみんなに紹介する

どこまでお話しましたか。
そうそう、お塚と密通した左九郎が、小平次を亡き者にしようと安積ノ沼へ誘いだしたところまでで――。

雨のそぼ降る安積ノ沼に舟を漕ぎ出しますト。
四方は、安積山が一望できる絶景でございます。
あやめ草、かきつばたが咲き誇り、その色が雨のためにより深く見えます。

二人は沼の真ん中に舟を留め、酒を酌み交わしつつ、釣り糸を垂れる。
左九郎は徐々に酔ってくる。
小平次も気分が良くなって、舌も滑らかになる。

「最近、姿を見なかったが、どこにいたんだい」
「俺か。江戸よ」
「おや、それじゃあ仕事の方は」
「仕事なんざあしねえよ。女の家に転がり込んでたさ」

左九郎は竿を置き、そっと立ち上がる。

「へえ、そうか。どんな女だ」
「聞いて驚くなよ。お前の女房だ」

ト言い終わらぬうちに、左九郎は、釣り竿を握っていた小平次の背中をどんと押した。

不意を突かれた小平次は、ドボンと水の中に落ちました。
バタバタともがきながら水面に上がってきて、必死に船べりに掴まろうとする。
左九郎が櫓を手にして振り上げた時――。
水中から何者かに引っ張られた様子で、小平次は勝手に沈んでいきました。

大きな沼に静寂が広がります。
やや強くなり始めた雨粒が、沼の水面に当たってポツポツと音を立てている。

突然、ざぶんと大きな水しぶき。
ざんばら髪の男が二人、勢い良く水中から現れました。

「死んだよ」
「死んだか。死骸はどうした」
「水の底に沈んでるよ」
「それはいけねえ。あいつは五両の金を着物の襟に縫い付けてる。沈めるのはそれを頂いてからにしなくちゃいけねえ」

左九郎は二人に指示をして、再び水の中へ戻らせる。

この二人の男は、左九郎の兄、雲平の手下でございまして。
元海賊をしていたというので、兄が沼に潜ませていたのでございます。
泳いで舟の跡をつけ、左九郎が突き落としたのを見計らいますト。
水中に潜って、小平次の首を絞めたのでございました。

左九郎は舟を沼のほとりへ引き返しますト。
一人で兄の隠れ家へ向かいました。

隠れ家には雲平と手下が数人、左九郎を待っている。

「おお、帰ったか。お客さんは、もう着てるぜ」

ト、雲平が指差したのは、水に濡れた小平次の死骸。
隣の間に横たわった姿がのぞいている。

「ずいぶん早いな。しかし、奴ら二人の姿が見えないじゃねえか」

左九郎は妙に思って兄に問う。

「奴らはまだだぜ」
「じゃあ、この死骸は誰が運んできたんだよ」
「さあ、俺たちが帰ってきたらここに転がっていたんだが」

ト、雲平も怪訝そうに答えます。

「まあ、いい。とりあえず、着物の金を抜き取ろう」

襟を解くと、五両分の一分金がざくざく出てくる。

「へっ。金も女房も、俺が頂いていくぜ」

ペッと、情け容赦もない左九郎は、仏の顔に唾を吐きかける。

するト――。

突然、小平次の死骸がむくむくと起き上がり――。
氷のように冷たい手で、金を握った左九郎の手首をがっと掴んだ。




突然のことに、左九郎は慌てふためきまして。
小平次の手首を外そうとするが、離れない。
自分の腕を引っ張ると、そのまま死骸がついてきて、顔を合わせる形になる。

かっと目を見開いて下手人を睨みつける小平次。
左九郎は思わず、ぎゃっと悲鳴を上げました。

その声を聞いて、隣の部屋にいた雲平と手下が駆け込んでくる。
左九郎が小平次の死骸に覆い被されて、ほとんど気を失いかけている。
雲平も死骸を引き離そうとするが、固まったように離れない。
苛立ったあまり、刀を抜いて小平次の手首を斬り落とした。

だが、五本の指が左九郎の手首に食い込んで、やはりまだ離れません。
しかたがないので、指を一本一本斬り落としまして。
ようやく左九郎の身は自由にはなりましたが。

カッと見開いた死骸の眼差し。
腕に食い込んだ指の感触。
それらがまだ、左九郎の心から離れようといたしません。

兄の雲平は弟の様を見て、からからと笑いましたが。
左九郎はとるものもとりあえず、江戸へ帰って行きました。

小平次の家へ戻ると、左九郎はお塚を外に呼び出しまして。
かくかくしかじかト、奥州での一件を話します。
すると、お塚はキョトンとした顔をいたしまして。

「小平次なら、さっき帰ってきて、疲れたと言って奥で寝ているよ」
「なんだと。そりゃお前、幽霊だよ」

左九郎はお塚の手を引き、おそるおそる家に入っていく。
奥の間に入ると、枕屏風が立っている。
引き開けようとすると、屏風の内から青白い手首――。
屏風を引っ張って、離そうといたしません。

左九郎が意地になって引っ張り返しますト。
屏風の端を掴んでいた五本の指が、ぱらぱらと音を立てて落ちました。
途端に、屏風が離れて左九郎は尻餅をつく。
同時に火の玉が、布団の中から外へ飛び出していった。

落ちた指はたちまち腐って、臭気を放つ。
見ると、死んで幾日も経ったような死肉です。

「それでも死んでくれたんだからいいじゃないか」

ト、お塚は度胸が据わっていますから気にしません。
左九郎も、それで少しは気が楽になり。
以後、二人は夫婦として暮らします。
それからは特に異変もなく、半年ばかりが過ぎました。

その年も暮れて、新年を迎えたある晩のこと。
二人が奥の間で寝ておりますト。
左九郎は、自分とお塚の間に、誰か別の男が寝ているのに気がついた。

「お塚のやつめ。さては俺の寝ている間に、男を連れ込みやがったか」

左九郎はカッと頭に血が上って刀を抜く。
お塚がハッと目を覚まして、飛び起きる。
思わずその刀を手で握りましたので。
五本の指が血を滴らせながら、斬り落とされた。

姦夫と思った男はカラカラと笑いながら姿を消す。
その声はまさに小平次の声。

さしものお塚も、この一件ですっかり心神を乱しまして。
斬り落とされた五本の指が徐々に腐り始めますト。
悶え苦しみながら、やがて息絶えました。

残された左九郎は、すでに小平次の金も使い果たしておりましたので。
なけなしの金で弔いを出しましたが。
読経に招いた僧が、ふと後ろを振り返りますト。
鉄の如意棒で突然、左九郎の腹を打ちました。

周囲の者が駆けつけました時には――。
左九郎はまるで溺れた者のように。
バタバタと手足を動かしながら。
悶え苦しんだ末に、息絶えたと申します。

かの二代目團十郎が、この噂を耳にいたしまして。
哀れに思い、小平次のために念仏を唱えておりますト。
水に膨れた溺死体風の小平次が、にゅっと背後に現れました。

「小平次。お前、幽霊だけは上手いなあ」

團十郎はそう言って霊を慰めまして。
ぐっと得意のにらみを利かせてやりますト。
小平次の霊も観念したのか。
すっと姿を消したという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(山東京伝「復讐奇談安積沼」及ビ、講談「小幡小平次怪談」(桃川如燕口演)ヨリ。歌舞伎「彩入御伽艸(いろえいりおとぎぞうし)」(鶴屋南北)、戯曲「生きてゐる小平次」(鈴木泉三郎)ナド、翻案多数)

この怪異譚をみんなに紹介する

新着怪異譚のお知らせを受け取る