::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

犬と女房とその娘

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話ししましたか。
そうそう、長七に溺愛されていた雌犬が、新妻に嫉妬して襲い掛かったところまでで――。

女房と雌犬の板挟みになった長七は。
悩みに悩んだ末に、一つの決断を下しました。

穏便に誰かに譲り渡そうとはいたしましたが。
貰い手がないのならば、いたし方がございません。
どこへでも行って、置き去りにしてくるよりほかにない。

犬もそれを察しましたか。
初めは抗うように激しく吠えたてておりましたが。
やがて、主人の胸に抱かれて家を出るころには。
悲しそうに、きゅんきゅんト、鳴いておりました。

長七は、まず、里の外れに犬を連れて行きまして。

「どうだ。今からでも考え直さないか」

ト、優しく話しかける。

「あれだって、お前と仲良くしたいんだ。あんなに邪険にすることもなかろう。今は少し気が立っている。お前さえ、以前のお前に立ち返ってくれれば、三人――いや、二人と一匹で仲良く暮らせるのだ。万事は丸く収まるじゃないか」

雌犬は、訴えるようにキャンキャンと叫ぶ。
しきりに長七の膝元にすがりますが。
長七にはその心がまるで伝わりません。

「そうか。分かってくれないなら、しかたがない。所詮、畜生は畜生だな」

そう言って、用意してきた縄で犬を道端の木に括りつけますト。

「いい子にしていろよ。でないと、拾ってもらえないぞ」

ト、その場を去っていった。

短い間とはいえ、床を共にした仲でございますから。
長七も鬼ではない、別れを忍び難く思って家路に就く。

やがて、わが家が見えてまいりますが。

そこで、驚いたことが起きました。

なんと、雌犬がハアハアと舌を出しながら。
門の脇から、こちらに向かって駆け寄ってくる。
いつになく嬉しそうな様子です。

どうやって縄を抜けて、しかも先に家に帰ってきたのだろうか――。

それはそれとしましても。

その深情けに、長七はむしろ背筋に冷たいものを感じまして。

今度は湊まで連れていきますト。
筑紫へ向かう西国船に、犬を乗せてもらって送り出す。

これでもうよかろうト、再び家路に就きまして。
女房にもこのことを話し、二人でやっと一息つく。

「それにしても、そら恐ろしい畜生だ」
「あなたが、情を掛けすぎたんですよ」

その晩は久しぶりに邪魔者がおりませんので。
夫婦水入らずで酒を酌み交わし。
夜半に床に入りました。
しっぽり濡れておりましたところへ――。

「あ、あなた――」

スポンサーリンク

女房が震える手で夫の腕を掴みます。

無理もございません。
戸の外で、あの雌犬の激しく吠えたてる声が響いている。
まるで「開けろ、開けろ」ト、わめくかのよう。

長七は浴衣をひっかけて戸を開ける。
飛びかかってきた雌犬を抱きとめて、驚いた。

水でびっしょり濡れています。
それもただの水ではない。
塩気を含んだ味がほのかにする。

「お前、泳いで帰ってきたのか――」

その言葉に、寝間にいた女房が、狂ったように悲鳴を上げました。

「こうなったら、もう他に仕方がない」

長七も憑りつかれたように、顔を上気させまして。
六尺棒を手に取ると、雌犬の頭をめった打ちにした。

さすがの雌犬も、やがてぐったりといたしまして。
そのうちに動かなくなりました。

長七は犬が死んだのを確かめますト。
庭の木の根元に、死骸を埋めました。

こうして、ようやく夫婦の間には平安が訪れまして。
月日を重ねるうちに、妻が子を孕みました。

十月十日(とつきとおか)が経ちまして。
月満ちて、妻が産気づく。

難産らしく、五日ばかりウンウンうなっておりましたが。
ようやく生まれたのは女の子で。
玉のような――ト、言いたいところではございますが。

見た目は確かに女児に違いない。
人の形をしているのも確かでございます。

ところが、その手足、胴には、毛がびっしりと生えている。
産声も人のものとは思えない。
まるで子犬がキャンキャンと鳴くかのよう。

娘は生まれて幾日も経たぬうちに世を去りました。

その枕辺で、夫婦は涙に暮れまして。
こうなったのも、あの雌犬を粗末に扱ったからだ。
寺の墓地にでも、きちんと埋めなおしてやろう、ト考えまして。
例の木の根元を掘り返してみましたが。

そこには、なんと、全き人間の赤子が埋まっておりました。
それこそ、玉のように可愛らしい女児でございましたが。
青白い顔をして、やはり息はございません。

慌てて娘の死の床に戻っていって、見てみますト。
そこに横たわっていたのは、件の雌犬であったという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(「平仮名本 因果物語」巻六ノ三『家の狗、主の女房を、ねたみける事』ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから