::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

妲己のお百(一)海坊主斬り

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、禁忌を破って船を出した秋田藩お抱えの船頭桑名徳蔵が、現れた海坊主を国俊の名刀で斬り倒したところまでで――。

この騒ぎに、寝ていた船乗りたちが一斉に飛び出してくる。

「親方、甲板に血が垂れていますが、何事です」
「何でもねえ。そんなことより、もう夜が明けた。血をきれいに拭っちまったら、さっさと船を岸に着けよう」

徳蔵は津軽、南部の両家から買った米を、兵庫鯖江の問屋に担ぎ込みまして。
これを売り払うト、実に五百両トいう莫大な利益が手に入りました。

その頃、徳蔵の妻おみきト、十三歳の倅徳之助は。
中之島は佐竹家蔵屋敷内の住居にて、徳蔵の帰りを待っておりましたが。

妻のおみきには持病がございます。
時しも、母子二人で父を案じておりましたところ。
持病が急に痛み出しまして、おみきは苦しがってもんどり打つ。

倅の徳之助が、おたおたしながら母の腹を押したりさすったりいたしますが。
十三の子供の手ではどうにもならず、母子ともに弱りきっている。

そこへ、表の通りで「ピィーッ」と按摩が吹く笛の音が聞こえてきた。

「按摩さん、按摩さん。おっかさんが――」

呼ばれて入ってきたのは、色が白く、目の青黒い、ひょろっとした盲人で。
どうしたことか、何とも鼻持ちならない、腥い匂いが漂っている。

「ナニ、大したことはない。じきに治ります。ドレ」

ト言って、おみきの背筋をぐーっと撫でさすりますト。
痛みがすーっと下りていくような心地がしまして。
おみきもようやく息を吹き返した。

「按摩さん、本当に上手だねえ。私は今まで、こんなにすぐに痛みが引いたことはなかったよ」

おみきが感心して、按摩にお礼を言いますト。

「これで安心しちゃあいけません。鍼を打っておかないと、いずれまた痛みが起こる」

そう言って、答えも待たずに背中からズブリと鍼を打ち込みました。
おみきは胸がさっと開けるように、急に楽になりまして。
つい、心地よさにうとうととしてまいりました。

すると、その心を読んだように、按摩が勝手に喋り出す。

「ナニ、これくらいは大したことはございません。そんなことより、おかみさん。ご承知でしょうが、臍の下に丹田と申すツボがございます。ここに鍼を打ち込みますと、どんな持病でも根元からバッサリと切り取るように治ります」
「そうかい。それじゃあ、ひとつ打ってもらおうかねえ」

半信半疑ながら、先ほどの痛みが嘘のように消えたこともございますので。
おみきは仰向けになって、腹を按摩の前に出しました。

「それでは、失敬して」

ト、按摩が鍼をぐっと打ち込みました。

「ギャッ」

ト、思わずおみきが悲鳴を上げる。

「按摩さん。今のは随分、痛かったねえ」
「ナニ。これで根治することを思えば、これくらい――」

按摩はそそくさと鍼をしまって、帰り支度をする。

スポンサーリンク

「時に、おかみさん」
「何だい」
「ここは桑名徳蔵さんのお宅でしょうな」
「そうだよ。よくお知りだね。うちの人が療治でも頼んだかい」
「ええ、まあ」

そこで妙に言葉を濁して、按摩は去って行きました。

「徳之助や」
「はい。おっかさん」
「どうして、あんなに臭い按摩を連れてきたんだい」
「だって、おっかさんが苦しがって、あんまり暴れるものだから――」
「これからは、他の按摩をお呼びよ。なんだか、薄気味の悪い按摩だったよ」

おみきも徳之助も、何か落ち着かない気分で、寝床に入る。

その夜――。
再び、母が「ギャッ」と叫ぶ声。

徳之助がハッと目を覚ましますト。
母がもう声もなく、床の中でぐったりト伸びている。

びっくりして、布団をめくり上げて見ますト。
ちょうど鍼を打ったあたりから。
腹が大きく裂けている。
血が無残に噴き出している。

母はすでに息絶えておりました。

徳之助はゾッとして、右往左往するばかり。
その様子を嘲けり笑うようにして。
大きな声がどこからともなく響いてきた。

「さっきの鍼は効いたか、効いたか――」

声のする方を振り返りますト。
天井から、大きな黒いのっぺらぼうが、ゆらゆらとぶら下がっている。

「ヒィッ」

ト、思わずのけぞったところへ、ちょうど父の徳蔵が帰りまして。
刀を抜き、天井の化物に再び斬り付けた。
妖魔は戸口の隙間から逃げていく。
後を追うと、前を流れる堀にドブンと飛び込んで、姿を消しました。

徳蔵は、己の欲から妻を死なせてしまったことをひどく悔みまして。
佐竹侯にいとまを申し出、家督を徳之助に譲りました。

その後、これまでに儲けた金で廻船問屋を開きまして。
元服して徳兵衛と名を改めた倅に、国俊の名刀とともに店を譲りました。
自身は出家して、諸国行脚の旅に出る。

「よいか、徳兵衛。この刀には、母を亡き者にした化物の念が染み付いている。何があっても、決して鞘から抜いてはならぬ」

それから月日が流れまして。
廻船問屋の桑名屋は非常に繁盛しております。
倅の徳兵衛は、出家して姿を消した父に代わりまして。
母の十三回忌の法要を執り行いましたが。

その時に、父から譲り受けた家宝の名刀が出てまいりました。
当時はまだ子供でしたから、その重みも禁忌もわかっておりません。
ただ、父の残した形見が懐かしく、何の気なく鞘を抜きました。

その瞬間、刀の切っ先からすーっと立ち上ったのは。
線香の煙のような一筋の細く黒い気で。

長らく封印されていた邪気が。
後に罪もない町娘に取り憑きまして。
これを稀代の悪女に仕立てあげるという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話のこれが発端でございます。

(講談「秋田騒動 妲妃のお百」ヨリ)

妲己のお百(一)海坊主斬り
こんな話がございます。 これから幾回かに分けまして。 「妲己のお百(だっきのおひゃく)」の悪行譚をお話しいたしますが。 今回、お百...
妲己のお百(二)桑名屋乗っ取り
こんな話がございます。 いよいよ、妲己のお百(だっきのおひゃく)の悪行譚でございます。 (大坂の廻船問屋、桑名屋。先代が斬った海...
妲己のお百(三)おきよの亡霊
こんな話がございます。 またぞろ、妲己のお百(だっきのおひゃく)の悪行譚でございます。 (大坂の廻船問屋、桑名屋。先代が斬っ...
妲己のお百(四)美濃屋小さん
こんな話がございます。 またぞろ、妲己のお百の悪行譚でございます。 (大坂の廻船問屋、桑名屋。先代が斬った海坊主の怨霊が、十...
妲己のお百(五)峯吉殺し
こんな話がございます。 またぞろ、妲己のお百の悪行譚でございます。 (大坂の廻船問屋、桑名屋。先代が斬った海坊主の怨霊が、十...

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから