::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

阿闍世王と釈尊

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、裏山の仙人が転生して王子となると聞かされた頻婆娑羅王が、その寿命の尽きるのを待ちきれず、軍を送り込んで殺してしまうところまでで――。

やがて韋提希夫人は、めでたく懐妊いたしまして。
十月十日が満ちますト、元気な男の子を産みましたが。

仙人の最期の言葉を伝え聞いていた頻婆娑羅王には。
急に我が子の存在が恐ろしく思われてくる。

王は乳をやっていた韋提希夫人から、我が子阿闍世を奪い取りますト。
望楼に駆け上がって、二階から子を投げ捨てた。

必死に追いかけてきた韋提希夫人が、思わず「あッ」ト声を上げる。
乳飲み子は宙を二度、三度、旋回いたしまして。
最後は叩きつけられるようにして、地に落ちましたが。

駆けつけた韋提希夫人が、恐る恐る我が子を抱き上げてみますト。
王子阿闍世は、指を一本折ったばかり。
その他はまるで無傷でございます。

「それでは、父君は――」

あまりのことに、阿闍世王子は言葉を詰まらせた。

「左様でございます。お生まれになったときから――いや、その以前から――王は貴方様を憎み、恐れられていらっしゃるのでございます」

次第に阿闍世の表情が歪んでいきました。
憎悪と怨恨とがひとりでに匂い立つようでございます。

「お前はどうして釈迦仏を害せんとする」
「かような王と王后を信徒に抱き込み、多額の寄進を巻き上げているからでございます」

阿闍世はしばらく黙って考えておりましたが。
やがて、おもむろに口を開きますト。
たった一言、こう命じました。

「王を捕らえよ」

頻婆娑羅王はあっけなく捕らえられ、牢に幽閉されました。
王宮から遠く離れた、七重の壁を巡らせた牢でございます。

こうして阿闍世は父から玉座を簒奪する。

「人ひとり通してはならぬ。たとえ大臣たりとも近づいてはならぬぞ。罪深き先王を、七日のうちに餓死させるからそう思え」

国の重臣たちは、新王の暴虐さに恐れをなして、逆らおうとしない。
提婆達多は、ついに摩竭陀国王の側近、国を牛耳る立場となった。

この時、頻婆娑羅王の幽閉を心から嘆き悲しんだ者が一人おりました。
先王の妃であり、新王の母でもある、韋提希夫人でございます。

夫が息子によって殺されようとしている――。
そのことももちろんでございますが。

その邪悪な宿命の種子はと申しますト。
もとはと言えば、みずからの胎内に植えられたもの。
それが芽を吹き、育ち、今こうして世に現れ出ましたからには。
悪果を成したその土壌は、みずからのこの肉体に他なりません。

夫人は密かに一計を案じまして。
みずからの身体にこっそりと蜜を塗る。
装飾の中に麦粉を練ったものを忍ばせまして。
我が子阿闍世に黙って、先王のもとへ通っていった。

阿闍世王は、憎き父王の死の知らせを、今か今かと待ちわびている。
ところが、幽閉されているはずの怨敵は、いつまで経っても死にません。

妙に思った提婆達多が、内偵を牢に送り込みますト。
そこで初めて、韋提希夫人の行動が露見いたしました。

阿闍世王は大いに憤激いたしまして。
ここに至り、いよいよ人らしい心を見失う。

母を捕らえて召し出させますと。
あろうことか、みずからの剣を抜きまして。
母の首を斬り落とそうといたしました。

「おのれ、国賊のともがらめ。国賊のともがらめ――」

スポンサーリンク

奥歯を噛み締め、憎悪を剥き出しにしておりますが。
振り上げた剣はト申しますト。
こころなしか小刻みに震えている。

「大王。先王は死にましたッ」

沈黙を破るように、大臣の声が広間に響き渡りました。

それでも阿闍世王は、振り上げた剣を下ろしはいたしません。
剣を握りしめた両手のひらから、汗が腕に伝っていく。
先にもまして激しく震える剣先。
母は何も言わず、ただうなだれて首を差し出している。

その時、広間でその様子を固唾を呑んで見守っていた人々は。
王の剣の震えが尋常ならざることに気がついた。
見ると、王が苦痛に顔を歪ませて、ブツブツと何かつぶやいている。

「痛い、痛い。頭が――。頭が、割れるように痛いぞ――」

王はそれでも必死に剣を握りしめている。

ト、そこへ――。

「王よ。その剣を下ろしなさい」

静かに問いかけながら、現れたのは他ならぬ釈尊でございます。
国の行く末を憂いた大臣が、提婆達多を遠ざけ、密かに招き寄せたのでございます。

「王よ。先王は亡くなりました」

その瞬間、左右に激しく揺れていた王の剣先が。
急にぴたりト止まりました。
まるで、罪の咎めに抗うように。
王は苦痛に耐えながら、剣を強く握り直した。

釈尊は全く動じることなく、言葉を続けます。

「王よ。先王は亡くなりました。――ただし、それはあなたの罪ではありません」

その一言に、阿闍世王はハッと仏を振り返る。

「先王はみずからの罪の報いを受けて、亡くなったのです」
「な、なんだと――」

阿闍世王は苦痛に歪ませていた目を、思わず見開きました。

「先王はみずから撒いた悪因によって、悪果を得たに過ぎません。王よ。あなたに罪があるとすれば、それは罪も無き母親の首を今まさに刎ねようとしていることです。改めて言いましょう。その剣を下ろしなさい」

阿闍世王の目に、徐々に涙が溢れ出していきました。
零れ落ちた涙のしずくが、母の額に当たって跳ねる。

若き王の曇った胸は、ようやくこの時、晴れ渡りまして。
あれ程締め付けるようだった頭の痛みも、すっと引いていきました。
王は母に手を差し伸べ、ともに抱き合って泣いたと申します。

互いの心の葛藤が、互いの心に恐怖と憎悪を引き起こすという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(「今昔物語集」巻三第二十七『阿闍世王不父王語』他ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから