::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

言うなの地蔵

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、峠の一本道で人を殺めた三太の背後の地蔵から、人の声が呼びかけてきたところまでで――。

一方、相手の男の家では。
女房、子に、母たる老婆が。
帰りを今か今かト待っている。

「お父は遅いのう。どこへ行ったんじゃろうか」
「俺がそこまで見に行ってくる」

心配する母と祖母を落ち着かせようト。
倅はそう言い残して家を出ていきました。

峠の坂道を登っていくト。
真っ赤な夕日が差し込んでくる。
目を細めながら峠に差し掛かりますト。
足元に何かが横たわっていることに気がついた。

「お、お父ッ――」

待ちわびていた父親が、力なく倒れ込んでいる。
額をかち割られ、辺りに血が流れ出している。
夕陽に溶け込まんばかりの真っ赤な血の海でございます。

それから倅は父の亡骸をおぶって家に帰る。
かくかくしかじかト、母と祖母に見たままを知らせますト。

「とにかく、こうなったからには仇を討たないといけない」

ト、殊勝にもそう言い残して、翌日再び家を出ていった。

それから一年が経ち――。
二年が経ち、三年が経ち――。

いつまで経っても仇の手がかりはしれません。

そのうちに、宿願への思いは日々薄れていく。
暮らしも徐々に貧窮していく。
己が食えなければ仇討ちも何もあったものじゃない。
故郷へ帰り、父の墓前に手を合わせて、出直そうト考えた。

その道中、倅は旅の商人(あきんど)と知り合いまして。
ちょうど方向が同じということで、二人連れ立ってやってくる。
二人はすっかり仲良くなりまして。
あれやこれやよもやま話に花を咲かせておりましたが。

「見ればまだお若いのに、そのくたびれた姿はどうしたんです」

旅の商人がふと尋ねてきた。

「それですよ。実は思うところあって都へ出たは良いものの、何一つ成し遂げることなく、おずおずと国へ帰るところでして」
「ほう」
「あなたは商売で成功なさっているようですな」
「ええ、まあ」
「やはり何か秘訣でもありますか。私は何をやってもうまくいきませんで」

倅は商人にすがるように訊きました。

「なに。秘訣なんてものはありません。私はただ、運が良かったので」
「しかし、運を引き寄せるのも実力のうちでしょう」
「いやあ、それがちょうどこの峠道です。不思議な事がありましてな。それ以来、何をやってもうまくいく。私には仏の加護がついて回っているのじゃないかと思うのですよ」
「何です。その不思議なことというのは」
「それが――いや、言うまい」

ト、突然商人が口をつぐみましたので。
何を出し惜しみしているのかト。
倅は、妙に思って言う。

「いいじゃないですか。喋ったからって減るものでもない。私はきっと成功して、必ず成し遂げたい宿願があるんです」
「なるほど。しかし、こればかりは言えませんな」
「何でしょう。験担ぎのようなことですか」
「いやいや、どうして。そんな程度のことじゃありません」
「それでは、奇瑞のようなものですか。鶴が亀と並んで歩いていたとか」
「いやいや、かえってそんなことでもないのです」
「ううん、焦れったい。本当は不思議なことなどなかったのでしょう。やはり地道な努力をされたんだ」

そう言われるト、商人も何だかムズムズとする。

「それでは言いますが、決して人に喋っちゃいけませんぜ」
「ええ、喋りません。喋りませんから、早くおっしゃいなさい」
「実はこの峠のてっぺんに――」
「ええ。峠のてっぺんに――」
「地蔵が一体ありますが――」
「地蔵が一体――」
「その地蔵が私にものを言ったのです」
「な、なんと」

スポンサーリンク

倅もこれには呆れ果てまして。

「そんな子供だましで人をからかっちゃいけません」
「からかっているんじゃない。現に、ものを言いました。たった一言だけですがな」
「なんて言ったんです」
「『わしゃあ言わんが、ワレ言うなよ』と」

やがて、二人は峠を登りきり。
件の地蔵の前までやってきた。

「私にはさっぱりわけがわからない。何を言うなと言うんです」
「実はこの地蔵に一部始終を見られましてね。誰にも言うなよと口止めをしたら、地蔵がそう答えたのです」
「何を見られたと言うんです」

倅が商人を覗き込む。
商人はもはや己を止められない。

「実はね。私は以前、ここで人を殺しまして」
「な、なんと」
「その男が背負っていた綾錦の反物を」
「うむ」
「濡れ手に粟で手に入れたのです」
「それじゃあ、お前は――」
「ああ、そうだ」

ト、いつの間にか道中差が。
己の腹に突きつけられている。

商人は刃ごと素手で握り返しまして。
ぐっと、ものすごい力でそれを押し返す。
指先から、手のひらから、真っ赤な血がぽたぽたと落ちる。

三太は痛がる素振りも見せず。
若者から刀を奪い取りますト。

「そうだ。俺こそがお前の付け狙っていた親の仇だ」

ト、言うやいなや、短刀を。
若者の精悍な下腹をめがけて。
ズブリッ、ズブリッ、ズブリッ――。

哀れ、倅は父に続いて三太に殺されてしまいました。

三太は息を弾ませまして。
しばし、立ち尽くしておりましたが。

「畜生ッ。どいつもこいつも、目を生き生きと輝かせやがってッ」

一声、そう咆哮するト。
ふと思い出したように後ろを振り返り。
微笑を湛えて佇んでいる地蔵を。
ぐっと目玉を剥いて睨みつけた。

「お前、誰にも言うなよ――」
「わしゃあ言わんが、ワレ言うなよ」

三太はその言葉を確かめますト。
深い悔悟に陥った様子で。
肩をがっくりト落としては。

突き刺すような夕陽を背に浴びて。
峠道をひとり下っていったという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(越前ノ民話ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから