::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

三尺の翁が顔を撫でる

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、身の丈三尺の翁が人の顔を撫で、冷泉院の跡地に残った池の中に飛び込んで消えたところまでで――。

ここにひとりの力自慢の男がございまして。

「なんぴとと言えども、顔は己の誇り。その顔を撫でて逃げるとはけしからん奴。そんな者はこの俺が捕らえてくれる」

ト、何とも頼りになる。

顔を撫でられた男が寝ていた縁台に。
麻縄を持ってひとり、翁の出現を待つ。

ところが、力自慢の男に怯んだのか。
待てど暮らせど翁は現れません。

「なんとも。卑怯な奴よ」

ト、男は己の威光の池底までに響き渡ったのを。
こそばゆく感じながらも、ピンと背筋を伸ばして待ち続ける。
しかし、いつまで経っても敵は現れません。
やがて、伸ばした背中が徐々に丸くなっていく。

夜半を過ぎ、意気込んだ分だけ疲れてしまい。
男はつい、うとうとトしかけました。

ト、その時――。

顔をにゅっと撫でた、冷たい手触り。
男は思わずビクッとして起き上がる。

「これッ」

ト、一喝。
翁が怯んだその隙に。
後ろから首根っこをひっ捕まえて。
地に組み伏せ、縄で縛り上げた。

その小さな身体をぐるぐる巻きにしてやりまして。
見せしめのように欄干に結びつけてやりました。

やがて、人々が噂を聞いて集まってくる。

火を灯し、まじまじト見つめてみますト。
確かに身の丈三尺ばかりのしょぼくれた翁が。
浅葱の上下(かみしも)を身に着けて。
息も絶え絶えに憔悴している。

ただこちらを見上げて、目をパチクリさせ。
人々が呼びかけても、まるで返事をいたしません。

スポンサーリンク

しばらく経つと、何か気まずそうに笑みを浮かべ。
そこかしこを見回した後に、消え入りそうな声で一言。

「盥に水を入れてくだされ」

ト、申し訳なさそうに懇願する。

「仕方ない。入れてやれ」

人々も何だか哀れ――ト言うより。
何だか馬鹿馬鹿しくなりまして。
大きな盥に水をなみなみと張り。
翁の前に持ってきてやりますト。

翁は首を懸命に伸ばして。
盥の中の水を覗き込み。
急に威儀を正したかト思うト。

「我は水の精なるぞ」

ト、威張るようにのたまわって。
水の中へドボンッ――。

そのまま姿を消してしまいました。

盥の水は跳ねてこぼれる。
縄はぐるぐる結ばれたまま水に浮いている。
翁は水になって解けてしまったようでございます。

人々はますます不気味に思って、これを怖れる。
盥の水は、下手にそこらへこぼさないように。
慎重に運んで、池に捨ててきたト申します。

その後は、かの奇妙な翁が現れることも。
寝ているうちに顔を撫でられることもなくなったという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(「今昔物語集」巻二十七第五『冷泉院水精人の形と成りて捕へらるる語』ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから