2016年09月一覧

旅店の黒妖

横柄な地方の小役人を、冷めた眼差しで見る若者。その目にちらと映ったものは、得体の知れぬ黒い妖気だった。後に若者はその素性を知り――。唐代の伝奇小説「酉陽雑俎」中の一遍より。

踊る猫

猫一匹の他に何もない貧乏寺。貧に迫られた和尚が心を悩ませていると、名月の晩に突然、猫が踊り出す――。長者の娘の怪死と宙に舞う棺。「猫檀家」の名で知られれる有名な民話より。

呪い人形 針千本

ふとした病から煩いついた武家の奥方。実家から婚家へ付き添ってきた乳母。枕の裏にあったのは、げに恐ろしき呪いの人形だった。しかし、事はそれで終わらない――。井原西鶴「懐硯」の一遍より。