野守の鏡

野守の鏡

こんな話がございます。 ある春の初めのこと。 出羽国は羽黒山の山伏が、大和の葛城山へ向けて、尾根伝いに修行の旅に出ました。 大和国...

鏡を握っていた女

鏡を握っていた女

こんな話がございます。 加賀国は白山権現の麓に、鶴来(つるぎ)と申す集落がございます。 名酒の産地として誉れ高く、里には酒屋があまた...

児肝を取る貞盛

児肝を取る貞盛

こんな話がございます。 平安の昔の話でございます。 当時、平貞盛と申すつわ者がございました。 これは後に権勢を極めることになる桓武...

群れなす呪い人形

群れなす呪い人形

こんな話がございます。 唐の国の話でございます。 玄宗皇帝の治世のころ。 楚丘という地方の県令に、蘇丕(そひ)という人物がございま...

夫婦岩

夫婦岩

こんな話がございます。 備中は成羽郷の山奥に、木の村という小さな村がございます。 その村の神社の境内に、二つの大きな岩がございまして...

腰の低い幽霊

腰の低い幽霊

こんな話がございます。 昔、越中国の某所に化物屋敷と噂される邸宅がございました。 なんでも当主が何代か続いて不可思議な死を遂げたとか...

奈良山の髑髏

奈良山の髑髏

こんな話がございます。 我が日の本がまだ倭と呼ばれていた頃のことでございます。 元興寺に道登という学僧がおりました。 この僧は元は...

干将莫耶と眉間尺

干将莫耶と眉間尺

こんな話がございます。 唐土(もろこし)の春秋時代の話でございます。 楚の国に干将(かんしょう)と莫邪(ばくや)という夫婦がございま...