「 業 」一覧

もう半分

もう半分

こんな話がございます。 千住の小塚ッ原に、あまり流行らない居酒屋がございまして。 夫婦二人で切り盛りしておりましたが。 流行ら...

飛騨の猿神

飛騨の猿神

こんな話がございます。 平安の昔の話でございます。 当時、諸国を旅していた若い修行僧が、飛騨の国に迷い込みました。 迷い込んだと申...

三娘子の驢馬

三娘子の驢馬

こんな話がございます。 唐の国の話でございます。 当時、板橋店(はんきょうてん)という辺鄙な街に、一軒の旅の宿がありまして。 彼の...

漆固めの妻

漆固めの妻

こんな話がございます。 ある村に若い夫婦がございました。 美しい妻に、優しい夫。 その上、代々続く名家だという、ケチのつけようのな...

ご挨拶

ご挨拶

お初に――いや、お久しぶりに――お目にかかりましたナ。 砂村隠亡丸でございます。 お目にかかるだと。どこにいやがる。 声はする...