「 因果 」一覧

江島屋怪談

江島屋怪談

こんな話がございます。 芝神明宮の近くに、江島屋と申す古着屋が暖簾を掛けておりました。 古着屋と申しますが、蔵まで持っているような、...

干将莫耶と眉間尺

干将莫耶と眉間尺

こんな話がございます。 唐土(もろこし)の春秋時代の話でございます。 楚の国に干将(かんしょう)と莫邪(ばくや)という夫婦がございま...

もう半分

もう半分

こんな話がございます。 千住の小塚ッ原に、あまり流行らない居酒屋がございまして。 夫婦二人で切り盛りしておりましたが。 流行ら...

口なき子

口なき子

こんな話がございます。 四谷のとある横丁に、升屋と申す染物屋。 店の主人は五十絡みで。 篤実な人物ではございましたが。 何の...

三娘子の驢馬

三娘子の驢馬

こんな話がございます。 唐の国の話でございます。 当時、板橋店(はんきょうてん)という辺鄙な街に、一軒の旅の宿がありまして。 彼の...

ご挨拶

ご挨拶

お初に――いや、お久しぶりに――お目にかかりましたナ。 砂村隠亡丸でございます。 お目にかかるだと。どこにいやがる。 声はする...