因果一覧

お岩出生譚 重助殺し

武家屋敷の下男となった伝蔵は、金貸しの重助の死骸を背負って捨てに行くよう命じられるが――。後に「東海道四谷怪談」に発展する、於岩稲荷の由来より。

大岡政談 白子屋お熊

江戸一の美女との評判を取る白子屋お熊。浪費癖の母は娘の美貌を用いて大金をせしめるが――。講談、浄瑠璃、歌舞伎などで知られる江戸のスキャンダル。

指切り首切り肝試し

死骸の指を切ってきたら全員の刀をやると言われ、是非もなく請け合った強欲な夫婦。神をも恐れぬ所業の末に待っていた悲劇とは――。小泉八雲「幽霊滝の伝説」に通じるおぞましさ。

冥土への抜け穴

仇討ちに出掛けた父子は、敵の隠れ家に忍びこむためにある秘策を練る。人間の業を笑いで包みながら、その空しさを暴き出す。「西鶴諸国ばなし」中の一遍より。

海賊と死ねない男

海賊六郎が襲った船。屋形の上に座し、経を読み続ける僧。男女を問わず海に沈められる中、僧だけが何度も浮かび上がってくる――。宇治拾遺物語より。

文弥殺し 宇都谷峠

百両の工面に困った十兵衛は、按摩の文弥が大金を持っていることを知り――。運命の糸に操られ、善人が悪人になる瞬間。河竹黙阿弥の歌舞伎より。

小幡小平次

妻を寝取られたとも知らず、敵に誘い出されて沼へ漕ぎ出すのは、幽霊役者の小幡小平次。郡山に実在した大沼を舞台に繰り広げられる江戸のサスペンス。

江島屋怪談

吹雪の中たどり着いたあばら家。夜中に異様な振る舞いをする老婆に、旅人がわけを尋ねると――。三遊亭圓朝作の傑作怪談噺より。