2017年12月一覧

蛇女房

寂しく暮らす木こりの与市のもとへ、ある日訪ねてきた美しい娘。見知らぬ女と挙げる祝言。産屋から漏れ聞こえる呻き声の謎。「坊、坊」と鐘の音。雪のように白い肌と、卵のような女の目玉。切なくも美しい異類婚姻譚。

暗峠 姥ヶ火の首

山家の花と謡われた美貌の娘を襲った哀しい偶然。人目を忍んで老いた女は貧しさの中で罪を犯したが――。二股の矢が生首を刎ねる。火を吹き、宙を飛ぶ妖異。井原西鶴「西鶴諸国ばなし」中の一篇より。