杏生と二人のお貞

若き医師長尾杏生と新潟湊の芸妓お貞。すれ違う二人は、二十年の歳月を経てふたたび幻想のうちに巡り合うが――。小泉八雲が典拠とした「夜窓鬼談」中の一編より。

画皮 美女の化けの皮

婚家を逃げ出した新婦。匿った男がのぞき見たものは、美女がかぶっていた化けの皮だった――。清代の志怪小説集「聊斎志異」中、本国にて最も恐ろしいと評される一篇より。

鰍沢(かじかざわ)

身延参りの旅人が、雪野原の一軒家で出会った女。月の兎の酌で飲む玉子酒には、はたしてなにが入っていたか。「お材木で助かりました」。三遊亭圓朝による三題噺より。

長いものは窓より入る

甲斐性なしの夫を支えた糟糠の妻。無情に打ち捨てられた女は、新たな幸せを掴んでいたかに思われたが――。長いものがうねりながら迫ってくる。じっと見つめる無表情の裏に秘められた情念とは。

幽女を見る目

幽霊を見ることができる眼を得てしまった男。右も左も目に入るのは亡霊ばかり。毎日を怯えて過ごしていたが――。冥府の女が男を誘う。その真意とは。南宋の志怪小説「夷堅志」より。

鬼女の乳を吸う

旅の僧が一本道の藪の中に見た若い女。衣をはだけ、あらわにした乳房から滴っていたもの――。この世の地獄の先に、女が見た境涯とは。

藁人形

願人坊主の西念は、人気女郎のお熊から父と慕われていたが――。血まみれ、傷だらけの濡れ鼠。異様な匂いを放ちながら、鍋の中でグツグツ煮えたぎっていたものとは。