紙人形の娘たち 張奇神

魂を抜き取り自在に操るという張奇神。評判を聞いた異郷の若者が、ひとつ試してやろうと単身乗り込むが――。半人半蛇の妖物。裸身の娘たち。清代の志怪小説「子不語」中の一遍より。

業平と芥川の人喰い倉

恋多き貴公子、在原業平。入内するはずの女を盗んで逃げた先は、人の住まない荒れ果てた倉だった。稲光の中に現れるもの。長い黒髪と女の顔に待ち受けていた運命とは――。伊勢物語や今昔物語集に描かれた、平安の夜の怪異譚より。

奥州安達原

山伏修行の一行が最果ての地で出会った老婆は、悲しくも残酷な過去を背負っていた――。糸車が繰り寄せる、血染めの妊婦と胎児の記憶。奥州二本松に伝わる黒塚伝説と、派生作品である謡曲「安達原」より。

杏生と二人のお貞

若き医師長尾杏生と新潟湊の芸妓お貞。すれ違う二人は、二十年の歳月を経てふたたび幻想のうちに巡り合うが――。小泉八雲が典拠とした「夜窓鬼談」中の一編より。

画皮 美女の化けの皮

婚家を逃げ出した新婦。匿った男がのぞき見たものは、美女がかぶっていた化けの皮だった――。清代の志怪小説集「聊斎志異」中、本国にて最も恐ろしいと評される一篇より。

鰍沢(かじかざわ)

身延参りの旅人が、雪野原の一軒家で出会った女。月の兎の酌で飲む玉子酒には、はたしてなにが入っていたか。「お材木で助かりました」。三遊亭圓朝による三題噺より。

長いものは窓より入る

甲斐性なしの夫を支えた糟糠の妻。無情に打ち捨てられた女は、新たな幸せを掴んでいたかに思われたが――。長いものがうねりながら迫ってくる。じっと見つめる無表情の裏に秘められた情念とは。