2018年01月一覧

白い乳房に憑いたもの

若く美しい尼僧が語った発心譚には、女の業と情念がしがらんでいた。尼僧の白い乳房に今も憑いているものとは――。怪異に満ちた江戸の随筆集、根岸鎮衛「耳嚢」中の一篇より。

瓜売り歩く人と馬

馬の背に瓜を積み、酷使して売り歩く男。あまりの非情さに、通りすがりの老僧が意見をするが――。暗闇から迫ってくる獣の足音。人のこうべは瓜の味。「日本霊異記」より。

子殺し幻術

ある日、漢人の街に現れた西域人の父子。父は息子の首を斬り落とすが、それは鮮やかな幻術だった。ところが、それが思いもよらぬ事態を招き――。青い瞳と赤い鮮血。最後に倒れたのは誰だったか。南唐「中朝故事」中の一篇より。