2019年06月一覧

業平と芥川の人喰い倉

恋多き貴公子、在原業平。入内するはずの女を盗んで逃げた先は、人の住まない荒れ果てた倉だった。稲光の中に現れるもの。長い黒髪と女の顔に待ち受けていた運命とは――。伊勢物語や今昔物語集に描かれた、平安の夜の怪異譚より。

奥州安達原

山伏修行の一行が最果ての地で出会った老婆は、悲しくも残酷な過去を背負っていた――。糸車が繰り寄せる、血染めの妊婦と胎児の記憶。奥州二本松に伝わる黒塚伝説と、派生作品である謡曲「安達原」より。