「 江戸怪談 」一覧

八百屋お七

八百屋お七

こんな話がございます。 ある年の瀬のことでございます。 ただでさえ慌ただしい年の暮れ。 筑波颪が激しく吹き抜ける江戸の町。 ...

呪い人形 針千本

呪い人形 針千本

こんな話がございます。 伴山ト申す僧がございまして。 諸国を旅しておりましたが。 ある時、下総は須賀山ト申す地を、通りかかった時の...

犬と女房とその娘

犬と女房とその娘

こんな話がございます。 昔、摂津国兵庫のあたりに、長七ト申す者がございました。 大坂から酒を取り寄せて、商いをしておりました。 ...

宇佐八幡の鉄輪女

宇佐八幡の鉄輪女

こんな話がございます。 豊前国の宇佐八幡宮ト申しますト。 日本各地の八幡宮の総本社でございますが。 そこから半里ほど北へ行ったとこ...

強欲の指切り

強欲の指切り

こんな話がございます。 昔、紀州のある村に、強欲者の夫婦がございました。 よく、己の損得勘定にばかりうるさい者を指しまして。 ...

冥土への抜け穴

冥土への抜け穴

こんな話がございます。 ある家中に、大川判右衛門ト申す武士がございました。 槍持乗馬を引き連れて――ト伝わりますから。 まず中の上...