江戸怪談一覧

呪い人形 針千本

ふとした病から煩いついた武家の奥方。実家から婚家へ付き添ってきた乳母。枕の裏にあったのは、げに恐ろしき呪いの人形だった。しかし、事はそれで終わらない――。井原西鶴「懐硯」の一遍より。

犬と女房とその娘

二親に死なれて孤独になった長七は、寂しさを紛らわすために雌犬を飼う。その後、仲間のすすめで女房をもらうことになるが――。人と変わらぬ畜生の情念。

丑の刻参り 宇佐八幡の鉄輪女

宇佐八幡宮近くの墓地に、妖魔が夜な夜な現れるという。噂を信じない武辺の者が、真偽を確かめに行くと――。妖怪変化よりも恐ろしいものとは何だったのか。「諸国百物語」中の一篇より。

指切り首切り肝試し

死骸の指を切ってきたら全員の刀をやると言われ、是非もなく請け合った強欲な夫婦。神をも恐れぬ所業の末に待っていた悲劇とは――。小泉八雲「幽霊滝の伝説」に通じるおぞましさ。

冥土への抜け穴

仇討ちに出掛けた父子は、敵の隠れ家に忍びこむためにある秘策を練る。人間の業を笑いで包みながら、その空しさを暴き出す。「西鶴諸国ばなし」中の一遍より。

小幡小平次

妻を寝取られたとも知らず、敵に誘い出されて沼へ漕ぎ出すのは、幽霊役者の小幡小平次。郡山に実在した大沼を舞台に繰り広げられる江戸のサスペンス。

山中の魑魅

落人となって山中を逃げる武将と妻。二人を慕ってきた女童のおかげで難を逃れるが――。江戸怪談の創始者、浅井了意の「御伽婢子」より。

京女の生首

東国の檀林へ学びに行くことになった若き僧。実は出家前から情を交わしていた愛しい女がいた――。生死を隔てて慈しみあう、男女の愛執と怪異。