葛飾北斎 ―画狂老人は一処に安住せず―

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21

KATSUSHIKA HOKUSAI

転居93回、改号30回。北斎は本当に奇人だったのか

欧米での信仰的とも言える評価に反して、日本での北斎評はまず「奇人」である。

そのイメージは、飯島虚心の著した明治期の評伝「葛飾北斎伝」によるところが大きい。
序文にはっきりと「画工北斎畸人也」とあり、また家の中はごみまみれで、ために93回も転居したとある。

どうやら、絵を描くこと以外はまるで無関心だったようだ。

無愛想で人付き合いが悪く、金には無頓着だった。
掛取りが来ると、机の上に置きっ放しだった画工料を、包みのままどんと投げてよこしたという。

それでも食っていかないといけないから、一説では己の画号を弟子に譲って金に変えた。
それが30回という異常な改号の多さにつながったともいう。

(※クリックで拡大します)

晩年の弟子露木為一による「北斎仮宅之図」
虚心が露木から提供されたもの
(左の女性は娘のお栄=葛飾応為)

一方で、絵を描くことに対しては非常に真摯であった。

75歳のときに刊行された「富嶽百景」に、画狂老人卍の画号でみずから跋文を載せている。

「六歳から物の形を写し始め、五十歳の頃から画工として評価されるようになったが、七十歳前に描いたものはまったく取るに足りないものばかりだ」

自己卑下のようにも聞こえるが、そればかりではない。こう続けている。

「それが七十三歳でようやく動物、虫、魚の骨格や、草木の芽生え、成長の背景を少しは理解できるようになった」
「だから今後、八十、九十と歳を重ねるに従って、ますます奥義を極めていくのではないか」
「百歳では神業の域に達し、百十歳を過ぎた頃には、己の描く一点一画が生けるが如くになるだろうと思う」

(※クリックで拡大します)

82歳時の自画像

かと思えば、「猫一匹ろくに描けない」と、突然涙を流すような老人だった。
最期はこう言って息を引き取ったという。

「天、我をして五年の命を保たしめば、真正の画工となるを得べし」
(天があと五年生きながらえさせてくれたなら、本物の画工になれるだろうに)

数え20歳でデビューした北斎は、90歳で亡くなるまで、一心不乱に画道を追求し続けた。
名を変え、所を変えながら、生涯一画狂人であり続けたのだった。

画号の変遷

北斎が生涯に30回も改号したというのは、誇張ではない。
ただし、主要なものは次の6つに絞られると言ってよい。

春朗(安永八年(1779)~。20歳。勝川春章の弟子として。約十五年に及ぶ修行時代)
宗理(寛政七年(1795)~。36歳。「宗理風美人」が一世を風靡)
北斎(寛政十年(1798)~。39歳。馬琴らの読み本の挿絵で活躍)
戴斗(文化七年(1810)~。51歳。「北斎漫画」などの絵手本を手がけるように)
為一(文政三年(1820)~。61歳。「富嶽三十六景」シリーズが大ヒット)
画狂老人卍(天保五年(1834)~。75歳。浮世絵版画を離れ、肉筆画に傾注)

(※クリックで拡大します)

葛飾北斎(勝川春朗)「四代目岩井半四郎かしく」勝川春朗時代の役者絵
「四代目岩井半四郎かしく」

いたずらに画号を改めるばかりでなく、絶えず新たな分野を開拓し続けていたことが分かるだろう。

狂歌摺物と宗理風美人

寛政七年(1795)、北斎は琳派画師、俵屋宗理(たわらやそうり)の二代目を名乗り始める。
密かに狩野派に学んでいたことがばれ、勝川派から追い出されたためという説がある。

そうした経緯があったからか、この時期の北斎は浮世絵から離れ、狂歌摺物の世界に身を投じている。

(※クリックで拡大します)

葛飾北斎(宗理)「巳待」寛政九年 宗理時代の摺物
「巳待」

狂歌とは、短歌の形式で滑稽な内容を詠ったもの。
「白河の清きに魚のすみかねて もとの濁りの田沼こひしき」や、
「名月を取ってくれろと泣く子かな それにつけても金の欲しさよ」などが今も知られる。

当時の狂歌界は、大田南畝らを中心に、一大文化サロンの様相を呈していた。
狂歌摺物は、彼ら文化人が自作の狂歌を知人に配るために制作した木版画。
大量生産される浮世絵とは違い、豪華で趣向を凝らしたものが多かった。

北斎は、こうした芸術的雰囲気の中で、独自の画風を確立していった。

それが「宗理風」と呼ばれた美人画である。

(※クリックで拡大します)

葛飾北斎(可侯)「風流無くてななくせ ほおずき」 「風流無くてななくせ ほおずき」
(落款は同時期の別号「可侯」)

葛飾北斎(可侯)「風流無くてななくせ 遠眼鏡」「風流無くてななくせ 遠眼鏡」

可憐で清楚な美人像は、同時期の歌麿の艶めかしい美人と人気を二分した。

1.狂歌摺物と宗理風美人
2.読本挿絵と北斎漫画
3.富嶽三十六景と画狂老人卍
4.余苦在話 ト 北斎

画師略伝 へ戻る

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着怪異譚のお知らせを受け取る