葛飾北斎 ―画狂老人は一処に安住せず―

この怪異譚をみんなに紹介する

ベロ藍が産んだ傑作「富嶽三十六景」

文政三年(1820)、61歳となった北斎は新たに為一(いいつ)の号を用い始める。

なお、この時期においても、戴斗期に引き続き「北斎改メ為一」「前北斎為一」などと名乗っていた。
いかに「北斎」の号が世間に浸透していたかが分かる。

(※クリックで拡大します)

葛飾北斎(為一)「牡丹に蝶」「牡丹に蝶」
落款に「前北斎為一筆」とある

文政年間(1818~1830)には、宗理時代によくした狂歌摺物の仕事を多くこなした。

天保年間(1830~)に入ると、一転して膨大な点数の浮世絵制作に励むようになる。

その代表的作品が、天保ニ年より順次刊行された「富嶽三十六景」全46点である。
刊行当時、北斎はすでに70歳を超えていた。

(※クリックで拡大します)

葛飾北斎(為一)「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」

葛飾北斎(為一)「富嶽三十六景 凱風快晴」「富嶽三十六景 凱風快晴」

葛飾北斎(為一)「富嶽三十六景 山下白雨」「富嶽三十六景 山下白雨」

葛飾北斎(為一)「富嶽三十六景 甲州石班澤」「富嶽三十六景 甲州石班澤」
前景の漁夫と後景の富士が相似の関係をなしている

葛飾北斎(為一)「富嶽三十六景 東都浅草本願寺」「富嶽三十六景 東都浅草本願寺」

葛飾北斎(為一)「富嶽三十六景 尾州不二見原」「富嶽三十六景 尾州不二見原」

鮮やかな藍色は、舶来の人工顔料「プルシアンブルー」によるもの。
「ベルリン藍」が江戸っ子風に訛り、「ベロ藍」と呼ばれていた。

後にヨーロッパにおいて「ホクサイブルー」と呼ばれる美しい青。
実はヨーロッパからの輸入品だったのである。

北斎が切り拓いた風景画の新地平

「富嶽三十六景」は、当時の分類に従えば名所絵に該当するシリーズである。
ただし、決して単純な名所絵ではなかった。

北斎は名勝古跡ではなく、人と自然の織りなす情景そのものを描いた。
その視点は後続のシリーズにおいても変わることはなかった。

(※クリックで拡大します)

葛飾北斎(為一)「諸国瀧廻り 下野黒髪山きりふりの滝」「諸国瀧廻り 下野黒髪山きりふりの滝」

葛飾北斎(為一)「諸国瀧廻り 木曽路ノ奥 阿彌陀ヶ瀧」「諸国瀧廻り 木曽路ノ奥 阿彌陀ヶ瀧」

葛飾北斎(為一)「諸国瀧廻り 相州大山ろうべんの滝」「諸国瀧廻り 相州大山ろうべんの滝」

葛飾北斎(為一)「諸国名橋奇覧 飛越の堺つりはし」「諸国名橋奇覧 飛越の堺つりはし」

葛飾北斎(為一)「千絵の海 蚊針流」「千絵の海 蚊針流」

葛飾北斎(為一)「千絵の海 総州銚子」「千絵の海 総州銚子」

画狂老人卍

主要な画号の中で、北斎が最後に名乗ったのが「画狂老人卍」である。
天保五年(1834)、75歳のときであった。

晩年の北斎は、商業的な制約の多い浮世絵版画を離れ、より自由な肉筆画に傾注していく。

(※クリックで拡大します)

葛飾北斎(画狂老人卍)「肉筆画帖 塩鮭と鼠」「肉筆画帖 鮭と鼠」

葛飾北斎(画狂老人卍)「肉筆画帖 蛙とゆきのした」「肉筆画帖 蛙とゆきのした」

「肉筆画帖 鷹」

そして最晩年。

天保の改革による幕府の弾圧を嫌い、信州小布施の高井鴻山のもとへ身を寄せた。
土地の豪農であった鴻山は北斎の門人となり、またパトロンともなった。

83歳から死去前年の89歳まで、実に4度も小布施に足を運んだ北斎。
鴻山の庇護のもと、大作を次々と手がけていく。

その対象はもはや紙でも絹でもない。
天井という大きなキャンバスであった。

葛飾北斎(画狂老人卍)「小布施東町祭屋台 龍図」「龍図」
小布施東町の祭屋台天井に描いたもの

葛飾北斎(画狂老人卍)「小布施東町祭屋台 鳳凰図」「鳳凰図」
同じく小布施東町の祭屋台天井画

葛飾北斎(画狂老人卍)「小布施上町祭屋台 男浪図」「男浪図」
上町祭屋台の天井画

葛飾北斎(画狂老人卍)「小布施上町祭屋台 女浪図」「女浪図」
同じく上町祭屋台の天井画

老いてもなお飽くことなく、新たな表現の可能性に挑んだ画狂人。
変転し続けたのは、住処や画号ばかりではなかったのである。


※参考文献
永田生慈「葛飾北斎の本懐」(角川選書)
大久保純一「ジャパノロジーコレクション 北斎」(角川ソフィア文庫)

1.狂歌摺物と宗理風美人
2.読本挿絵と北斎漫画
3.富嶽三十六景と画狂老人卍
4.余苦在話 ト 北斎

画師略伝 へ戻る

この怪異譚をみんなに紹介する

新着怪異譚のお知らせを受け取る