動物一覧

動物にまつわる怪異譚

瓜売り歩く人と馬

馬の背に瓜を積み、酷使して売り歩く男。あまりの非情さに、通りすがりの老僧が意見をするが――。暗闇から迫ってくる獣の足音。人のこうべは瓜の味。「日本霊異記」より。

蛇女房

寂しく暮らす木こりの与市のもとへ、ある日訪ねてきた美しい娘。見知らぬ女と挙げる祝言。産屋から漏れ聞こえる呻き声の謎。「坊、坊」と鐘の音。雪のように白い肌と、卵のような女の目玉。切なくも美しい異類婚姻譚。

丸山遊郭 猫の食いさし

長崎の丸山遊郭。今日から初めて客を取るという、幼い遊女の左馬の介が見初めた若衆。暗闇に光る青い光。ねちゃり、ねちゃりと舐め回す舌。雨そぼ降る中に現れた美少年の正体とは。

五色の鹿

山奥深く孤独に暮らす猟師。激流に呑まれた男を命がけで救ったのは――。報恩と虚栄心が入り乱れる。釈迦の前世譚「ジャータカ」を原話とする「宇治拾遺物語」中の一篇より。

猫塚鼠塚

山中で日が暮れ、隣村に宿を乞うた猟師の親子。寂しい破れ堂の暗がりに、拾った三毛猫の目が妖しく光る。親子を襲う猫の大群。迫り来る唸り声。戦い果てた朝、親子が見た光景とは。

崖の上の狐とお歯黒婆

山中で見かけた狐に悪ふざけを仕掛けた宗介。勝ち誇ったつもりで山を降り、帰りに再び通りかかると――。パチパチと燃える囲炉裏の火。徐々に漆黒に染まっていく、老婆のやけに丈夫な白い歯。八戸の民話より。

廃寺の五妖怪

荒れ果てたかつての名刹には、謎に満ちた噂が――。仏法をもって魔と対峙する旅僧。謎を解く鍵は物の怪たちが互いを呼び合う名前にあった。民話としても全国に流布する江戸の傑作降魔譚の一。

猿の恩知らず

死にゆく定めにあったところを、人間の女に救われた猿。頭を何度も下げながら山へ帰っていくかに思われたが――。獣なりの考えとは何だったのか。誰もが驚かされる結末とは。今昔物語集より。

しし鍋の晩に弔いが出る

山裾の小屋に宿を借りた旅の僧。主人は老いた猟師で、仔猪しか獲れなかったと肩を落とす。その目に宿る一抹の狂気、そして聞こえ念仏の声――。塚の中から飛び出したのは人か、それとも畜生か。