「 悲哀 」一覧

八百屋お七

八百屋お七

こんな話がございます。 ある年の瀬のことでございます。 ただでさえ慌ただしい年の暮れ。 筑波颪が激しく吹き抜ける江戸の町。 ...

阿闍世王と釈尊

阿闍世王と釈尊

こんな話がございます。 天竺の話でございます。 成道して仏となられた釈尊の弟子に、提婆達多(だいばだった)という奸物がおりました。 ...