悲哀一覧

毘瑠璃王と釈迦の一族

釈迦族の王女を母に持つ舎衛国の毘瑠璃王子。母の母国へ留学に送り込まれた彼は、そこで恥辱とともにみずからの出自を知ることになり――。手塚治虫「ブッダ」でも有名な逸話。

踊る猫

猫一匹の他に何もない貧乏寺。貧に迫られた和尚が心を悩ませていると、名月の晩に突然、猫が踊り出す――。長者の娘の怪死と宙に舞う棺。「猫檀家」の名で知られれる有名な民話より。

井戸の底に棲む女妖

洛陽に遊学に来た青年の寓居にある古い井戸。よく人が落ちて死ぬという噂に、青年が身を乗り出して井戸の底を覗き込むと――。唐代の伝奇小説より。

丑の刻参り 宇佐八幡の鉄輪女

宇佐八幡宮近くの墓地に、妖魔が夜な夜な現れるという。噂を信じない武辺の者が、真偽を確かめに行くと――。妖怪変化よりも恐ろしいものとは何だったのか。「諸国百物語」中の一篇より。

大岡政談 白子屋お熊

江戸一の美女との評判を取る白子屋お熊。浪費癖の母は娘の美貌を用いて大金をせしめるが――。講談、浄瑠璃、歌舞伎などで知られる江戸のスキャンダル。

継母と顔の赤い鳥

母を亡くした子どもたちのために、父が娶った新しい「かかさん」。若い継母は年の離れた姉のように、優しく接してくれる。子どもたちが心を開いていったとき、新しい家族に災難が降りかかる――。

猫定

命を救われた猫は、博打の賽の目を鳴き声で当てて、恩に報いようとする。やがて主人に悲運が襲いかかり――。両国回向院に実在する猫塚の由来。