異形一覧

異形の者の恐怖

業平と芥川の人喰い倉

恋多き貴公子、在原業平。入内するはずの女を盗んで逃げた先は、人の住まない荒れ果てた倉だった。稲光の中に現れるもの。長い黒髪と女の顔に待ち受けていた運命とは――。伊勢物語や今昔物語集に描かれた、平安の夜の怪異譚より。

奥州安達原

山伏修行の一行が最果ての地で出会った老婆は、悲しくも残酷な過去を背負っていた――。糸車が繰り寄せる、血染めの妊婦と胎児の記憶。奥州二本松に伝わる黒塚伝説と、派生作品である謡曲「安達原」より。

蛇女房

寂しく暮らす木こりの与市のもとへ、ある日訪ねてきた美しい娘。見知らぬ女と挙げる祝言。産屋から漏れ聞こえる呻き声の謎。「坊、坊」と鐘の音。雪のように白い肌と、卵のような女の目玉。切なくも美しい異類婚姻譚。

丸山遊郭 猫の食いさし

長崎の丸山遊郭。今日から初めて客を取るという、幼い遊女の左馬の介が見初めた若衆。暗闇に光る青い光。ねちゃり、ねちゃりと舐め回す舌。雨そぼ降る中に現れた美少年の正体とは。

夜ごと女の首が飛ぶ 飛頭蛮

三国呉の名将、朱桓。彼が新しく雇い入れた下女は、昼間こそ純真無垢な乙女であったが――。夜の顔は宙を舞う。耳を翼のように羽ばたかせて。日本怪談のろくろ首の源流とされる「捜神記」中の一篇より。

熊野起請文 烏の祟り

お人好しの主人の目を盗み、私腹を肥やす子飼いの手代。神をも怖れぬ増上慢が身に招いた破滅。反り返っては跳ね、反り返っては跳ねる火の車――。平仮名本「因果物語」中の一篇より。

三尺の翁が顔を撫でる

かつての冷泉院跡に残った池の畔。気持ちよく昼寝をしていた男の顔の上に不気味な気配。身の丈三尺の老人が冷たく濡れた手で――。怪しい翁の正体とは。今昔物語集中の一篇より。

蘭陵王の婿

天涯孤独の若い男のもとに願ってもない縁談が舞い込む。聞けば相手も独り身で、その上尽き果てぬほどの財を持っているという。ところが、その背後には男を待ち受ける恐怖の奇面の影があった。