因果一覧

湛慶阿闍梨と殺した女

帝や時の権力者から絶大な信頼を得ていた高僧、湛慶。ある時、不意に見ず知らずの女に感じた愛欲を抑えられなくなり――。過去と現在が交錯する平安朝の怪奇譚。

戸田の渡し お紺殺し

十年ぶりに再会した男女。男は大店の主人となっているが、女はすっかり落ちぶれていた――。歌舞伎「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」の序段として知られる定番怪談。

干将莫耶と眉間尺

非業の死を遂げた父。その仇を討つべく、立ち上がった眉間尺は窮地に追い詰められ――。中国春秋時代の伝説的な刀工夫婦、干将と莫耶にまつわる物語。

もう半分

いつも茶碗に半分だけ酒を頼む老人。ある日、大金を店に置き忘れてしまい――。漱石の「夢十夜」にも通じる、「こんな晩」「六部殺し」型の定番怪談。

口なき子

旧主から託された、口の利けない不憫な幼な子。二人目の継母の枕辺に、最初の継母の幽霊が現れる。暗闇の寝間で明かされた、衝撃の真実とは――。

三娘子の驢馬

旅店の女主人に誘われるように、投宿した旅人が目にした光景とは――。泉鏡花「高野聖」の原拠となったと言われる、唐代の伝奇小説。

ご挨拶

刻は丑三つ。草木も眠るという時分。場所は砂村。すぐそこはもう下総の国という江戸の外れ――。古典怪異譚サイト「砂村隠亡丸の余苦在話-よくあるはなし-」。話者隠亡丸より伊右衛門殿へのご挨拶。