四谷怪談一覧

お岩出生譚 重助殺し

武家屋敷の下男となった伝蔵は、金貸しの重助の死骸を背負って捨てに行くよう命じられるが――。後に「東海道四谷怪談」に発展する、於岩稲荷の由来より。

ご挨拶

刻は丑三つ。草木も眠るという時分。場所は砂村。すぐそこはもう下総の国という江戸の外れ――。古典怪異譚サイト「砂村隠亡丸の余苦在話-よくあるはなし-」。話者隠亡丸より伊右衛門殿へのご挨拶。