一覧

死美人の匂い

若い女の魅力に取りつかれ、妻を離縁までした男。だが、女はまもなく死んでしまう。残された男は驚きの行動に――。実在した僧の発心譚より。

京女の生首

東国の檀林へ学びに行くことになった若き僧。実は出家前から情を交わしていた愛しい女がいた――。生死を隔てて慈しみあう、男女の愛執と怪異。

笑う女 嬰寧

箱入り息子の王子服は、元宵節の夜に美しい娘を見初める。恋煩いに臥せる男、何を見ても笑い転げる女。やがて二人は――。清代の志怪小説集「聊斎志異」所収の奇談より。

戸田の渡し お紺殺し

十年ぶりに再会した男女。男は大店の主人となっているが、女はすっかり落ちぶれていた――。歌舞伎「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」の序段として知られる定番怪談。

もう半分

いつも茶碗に半分だけ酒を頼む老人。ある日、大金を店に置き忘れてしまい――。漱石の「夢十夜」にも通じる、「こんな晩」「六部殺し」型の定番怪談。

口なき子

旧主から託された、口の利けない不憫な幼な子。二人目の継母の枕辺に、最初の継母の幽霊が現れる。暗闇の寝間で明かされた、衝撃の真実とは――。

土蜘蛛

病に伏した源頼光の前に現れた美しい侍女、胡蝶。入れ替わるように現れた謎の法師。彼らの正体、そして関係とは――。