一覧

死にまつわる恐怖

阿弥陀の聖

ひと気のない森の中、見知らぬ男に握り飯を勧められた念仏聖。不意に男は立ち上がり、驚くべき事実を口にする。因縁の狩衣。山の麓の荒屋と老夫婦。迫りくる蓮の花に秘められた情念とは――。

死神

金の算段がつかず、女房にも愛想を尽かされた男。目の前に現れたのは、ひとりの老人だった――。近代日本語の祖、三遊亭圓朝が、移入されたばかりの西洋文物を翻案して創出した日本の死神。

江ノ島 稚児ヶ淵の由来

四周を断崖に囲まれた江ノ島。鎌倉建長寺の僧自休は容姿美麗な稚児白菊を見初める。高僧が堕ちた愛執地獄。悶え苦しんだ先に待っていた悲劇とは。歌舞伎「桜姫東文章」「青砥稿花紅彩画(弁天小僧)」などの原拠として知られる相州の伝説より。

生きながら鬼になりし者

二親に死なれ、天涯孤独の小太郎は、親孝行と評判の巳之助を常に妬んでいた。山中であるものを手に入れた彼は、巳之助を酷い目に合わせようと画策するが――。諸国百物語中の一篇より。

修羅道 佐倉惣五郎

下総佐倉の名主、木内惣五郎。領主堀田正信の苛斂誅求に、民になり代わって立ち上がるが。義憤の行く先に待っていた悲劇。歌舞伎「東山桜荘子」の原拠として知られる実在の人物伝より。

黄金餅(こがねもち)

貧乏長屋に住むケチで有名な乞食坊主。ある時、病の見舞いに来た隣人に、薬よりあんころ餅を食べたいと言い出す。怪訝に思って、隣人が壁の穴から覗いてみると――。三遊亭圓朝作、古今亭志ん生の十八番として知られる、古典落語の傑作より。

砧(きぬた)

夫の上京のため、三年を孤独のうちに待ち続けた妻。里人の打つ砧の音に、抑えてきた情念が燃え上がる。やつれた妻と若い侍女。世阿弥作の謡曲より。