「 死 」一覧

山中の魑魅

山中の魑魅

こんな話がございます。 よく魑魅魍魎ナドと申しますが。 実は魑魅と魍魎は別物であることを、ほとんどの方はご存知ないようで。 かく言...

死美人の匂い

死美人の匂い

こんな話がございます。 平安の昔の話でございます。 大江定基(おおえのさだもと)と申す男がございました。 文才に恵まれ、将来も嘱望...

江島屋怪談

江島屋怪談

こんな話がございます。 芝神明宮の近くに、江島屋と申す古着屋が暖簾を掛けておりました。 古着屋と申しますが、蔵まで持っているような、...

京女の生首

京女の生首

こんな話がございます。 京の都に一人の若い僧侶がございました。 名を西念と申します。 実はこの西念、寺に入る前に一人の女と情を...

干将莫耶と眉間尺

干将莫耶と眉間尺

こんな話がございます。 唐土(もろこし)の春秋時代の話でございます。 楚の国に干将(かんしょう)と莫邪(ばくや)という夫婦がございま...

もう半分

もう半分

こんな話がございます。 千住の小塚ッ原に、あまり流行らない居酒屋がございまして。 夫婦二人で切り盛りしておりましたが。 流行ら...

口なき子

口なき子

こんな話がございます。 四谷のとある横丁に、升屋と申す染物屋。 店の主人は五十絡みで。 篤実な人物ではございましたが。 何の...

漆固めの妻

漆固めの妻

こんな話がございます。 ある村に若い夫婦がございました。 美しい妻に、優しい夫。 その上、代々続く名家だという、ケチのつけようのな...