一覧

山中の魑魅

落人となって山中を逃げる武将と妻。二人を慕ってきた女童のおかげで難を逃れるが――。江戸怪談の創始者、浅井了意の「御伽婢子」より。

死美人の匂い

若い女の魅力に取りつかれ、妻を離縁までした男。だが、女はまもなく死んでしまう。残された男は驚きの行動に――。実在した僧の発心譚より。

江島屋怪談

吹雪の中たどり着いたあばら家。夜中に異様な振る舞いをする老婆に、旅人がわけを尋ねると――。三遊亭圓朝作の傑作怪談噺より。

京女の生首

東国の檀林へ学びに行くことになった若き僧。実は出家前から情を交わしていた愛しい女がいた――。生死を隔てて慈しみあう、男女の愛執と怪異。

干将莫耶と眉間尺

非業の死を遂げた父。その仇を討つべく、立ち上がった眉間尺は窮地に追い詰められ――。中国春秋時代の伝説的な刀工夫婦、干将と莫耶にまつわる物語。

もう半分

いつも茶碗に半分だけ酒を頼む老人。ある日、大金を店に置き忘れてしまい――。漱石の「夢十夜」にも通じる、「こんな晩」「六部殺し」型の定番怪談。

口なき子

旧主から託された、口の利けない不憫な幼な子。二人目の継母の枕辺に、最初の継母の幽霊が現れる。暗闇の寝間で明かされた、衝撃の真実とは――。

漆固めの妻

臨終を迎えた妻が放った衝撃の一言。願いを叶えた夫の律儀さに、亡妻は妖魔となって添い続けます。もう二度と離れられない恐怖の定め――。