幽霊一覧

小幡小平次

妻を寝取られたとも知らず、敵に誘い出されて沼へ漕ぎ出すのは、幽霊役者の小幡小平次。郡山に実在した大沼を舞台に繰り広げられる江戸のサスペンス。

夜ごとの妻

無愛想な隣人の部屋から夜ごとに漂う霊妙な香り。不審に思った二人の男が問い詰めると――。幽明を隔てた純愛に襲う悲劇。唐代の伝奇小説より。

怪談牡丹燈籠

夢で契った女はすでにこの世を去っていた。カランコロンと駒下駄の音――。御存知、三大怪談の一。近代日本語の祖、三遊亭圓朝の大傑作より。

江島屋怪談

吹雪の中たどり着いたあばら家。夜中に異様な振る舞いをする老婆に、旅人がわけを尋ねると――。三遊亭圓朝作の傑作怪談噺より。

戸田の渡し お紺殺し

十年ぶりに再会した男女。男は大店の主人となっているが、女はすっかり落ちぶれていた――。歌舞伎「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」の序段として知られる定番怪談。

奈良山の髑髏

元興寺の僧が野晒しになっていた髑髏を、拾いあげて安置してやる。するとその年の暮れに髑髏の霊がお礼に来て――。殺された男が明かす死の真相とは。

もう半分

いつも茶碗に半分だけ酒を頼む老人。ある日、大金を店に置き忘れてしまい――。漱石の「夢十夜」にも通じる、「こんな晩」「六部殺し」型の定番怪談。

口なき子

旧主から託された、口の利けない不憫な幼な子。二人目の継母の枕辺に、最初の継母の幽霊が現れる。暗闇の寝間で明かされた、衝撃の真実とは――。