三娘子の驢馬

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
唐の国の話でございます。

当時、板橋店(はんきょうてん)という辺鄙な街に、一軒の旅の宿がありまして。
彼の国では客桟とか旅店とか呼びますが、飯屋でありながら寝泊まりも出来るという。

その店内でせわしなく立ちまわる者が一人。
独り身の年増だが艶のある、名を三娘子(さんじょうし)と申す女侠。
これがその旅店の女主人。
雇い人も置かず、身内のある風もなく、一人で宿を切り盛りしておりました。

宿の裏では驢馬をたくさん飼っております。
酒樽から頭と脚を突き出したようなのが、日の当たらぬ狭い裏庭に、ヒヒンヒヒンとひしめき合っている。

なんでも、驢馬というのは牛馬より育てやすいとかで。
我が日の本ではあまり見かけませんナ。
彼の国では荷馬や家畜、老いては食い物として、非常に重宝されると申します。

三娘子は自家で育てたこれらの驢馬を、歩き疲れたり馬に死なれた旅人などに、廉価で譲っておりました。
町外れの小さな旅店は、義侠の宿と評判を呼びまして。
あまつさえ婀娜な女主人でございましょう。
いつも旅客で賑わっております。

さて、またここに、趙季和と申す若い旅の者が一人。
都への途次で評判を耳にいたし、ほんのみやげ話にと、ここへ投宿いたしました。

時は夕刻。すでに先客で一杯で。
趙は店の一番奥の、すぐ隣は厨房という不便な席に、ようやく腰を落ち着けました。

三娘子は愛想がよく、また話し上手でございます。
ただでさえ鼻の下を伸ばしてやってきた客たちは、勧められるままどんどん飲まされまして。
夜が更けた頃には皆すっかり酔いつぶれ、各々部屋に入るや、眠ってしまいました。

スポンサーリンク

趙は元来酒を飲めませんから、酔客の話に耳を傾けるばかりでしたが、主人の三娘子が店を片付け始めたので、自分も寝間へ向かいました。
三娘子もそれを見て灯りを消し、厨房に入って扉を閉める。
ここを寝間にしているのでございましょう。
ガチャリと錠を掛ける音が聞こえます。

その三娘子の後ろ姿が、ちらついたのでございましょうか。
趙はどうしたことか、今晩に限って寝付かれない。
酔客たちは雷鳴のような鼾を轟かせて寝ております。
だが趙は眠れない。

女主人が気になるわけではない。
ただ水が一杯飲みたいのだ。

ト、みずからそう結論づけまして。
そっと抜き足忍び足で、食堂へ一人出てみますト。

灯りの点った厨房から、何やら物音が響いてくる。
人が立ちまわるような物音だが――。
こんな夜更けにハテ、何をしているのだろう。
誰か他にいるのだろうか。

ト、つい戸の隙間から、厨房の中を覗き見たのは、運が良かったのか悪かったのか。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから