::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

もう半分

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

千住の小塚ッ原に、あまり流行らない居酒屋がございまして。
夫婦二人で切り盛りしておりましたが。

流行らないというのはそれはもう当然で。
小塚ッ原と申しますと、江戸に二つしかない処刑場の一つでございます。
もっとも、そんなものは二つあれば十分ではございますが。
ともかく、こんなところで酒を呑みたいという御仁はあまりいない。

ところがただ一人、奇特にも常連の客がございまして。
棒手振りの八百屋の爺さんが毎晩せっせと通ってくる。
天秤棒を担いだ行商ですナ。

この爺さん、変わっていることがまだ一つある。
いつも飯盛茶碗に半分だけ酒を注いでもらい、お代も半分にしてもらっておりました。

当人に言わせると、いつ酔っ払って粗相をするかわからないので。
ト、いうことだそうでございますが。
どうやら、店の側では目分量で注ぎますので、半分頼めばどうしても人情で量が多めになる。
半分を二回頼んだほうが、一杯を一回頼むよりいくらか得だ、ト考えたようでございます。

それが証拠に、半分だけ注がれた酒をぐいと一気に呑み干しますト。

「ご主人、もう半分おくんなせえ」

ト、すぐに茶碗を差し出すのが常でございました。

白髪頭に、ギョロッと目玉は大きいが、どこか陰に籠もったところがございまして。
「もう半分」の他には、一切何も喋りません。
店の端っこで黙々と酒を煽って、時が来るとふらっと帰る。

主人夫婦は何だか気味が悪いとは思っておりましたが。
それでも、大事な常連には変わりありません。

女房の腹には子が宿っている。
少しでも多く稼がないといけない。
トいう事情もございまして。
求められるまま、いつも半分ずつ酒を注いでやっておりました。

その晩も「もう半分」「もう半分」の声が、店の片隅から繰り返し聞こえておりましたが。
ふらりと帰っていった爺さんの席を片付けておりますト。
風呂敷包みが落ちていることに主人は気がついた。
気になって手に取ろうとすると、いやにずしりと重い。
妙に思って開けてみますト、これは大変だ。

二十五両一包みの小判が、なんと二つ。
合わせて五十両の大金が入っている。

「おい、大変だ。あの爺さん、こんな大金を忘れて行きやがった」

ト、主人は慌てて爺さんの後を追おうといたしますが。
その袖を強く引き返したのは女房です。
妙に声を潜めて、なじるように申しますには。

スポンサーリンク

「馬鹿だね、お前さんは。私のお腹をよくみてごらんよ。このままちっぽけな商売を続けて、どうやってこの子を食べさせてやるつもりだい。その金があれば、もっと市中に近いところで大店(おおだな)を出すことだって出来るじゃないか。大体、いつも『もう半分』『もう半分』なんて、お代以上に吸い取られてるんだから、これでおあいこだよ。戻ってきたら、しらばっくれてやりゃあいい」

ト、毒婦の元締めのような悪い女で。
主人は爺さんに悪いと思いましたが、甲斐性がないだけに何とも言い返しようがない。

ちょうどそこへ、爺さんが目の色を変えて駆け込んでまいりました。

「こ、ここに、風呂敷包みがありませんでしたか」
「ありませんよ。ついさっき片付けたばかりですけど、あったら分かるはずですからね」

女房は主人を目で制して、空とぼけている。

「そんなはずはない。つい今しがたここを出て、それから幾らも歩いていない。ここになかったら、どこにあるんです」
「知りませんよ。それとも何ですか。あたしたちがその金を盗んだとでも言うんですか」

度胸の据わった女房で、みずから進んで攻めに掛かります。
珍しくまくし立てていた爺さんでございましたが。

「おかみさん――」

ふと元の陰気さを取り戻したように、そう呟きました。

「あの金はね、ただの金じゃないんですよ。なけなしの稼ぎのために、毎日天秤棒を担いでいるわたしを見て、娘がね。たった一人の娘が、吉原に身を売って作った金なんですよ。その代わりもう、お酒は呑まないでね、と釘を差されてきたばっかりなのに、どうしても酒の味が忘れられなくてね。半分だけならいいだろうと、ついここへ寄ったのが運の尽きでした。そういうわけですから、ねえ、おかみさん。どうか返してやっておくんなさい。あの金をなくしたとなると、娘にあわせる顔がありません」

盗んだものと決めつけられたものだから、女房も腹が立ちまして。

「しつこいね。あんまり妙な言いがかりをつけると、出るところへ出てもらうよッ」

ト、どやしつけました。
爺さんはがっくり肩を落としまして。

「分かりました。どうしても返していただけないんですね。それじゃあ、仕方がない」

大きくため息をつきますト、とぼとぼと店を出て行きました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから