::お知らせ:: 最新怪異譚 焼き場の妖異が我をたばかる を追加しました

 

腰の低い幽霊

この怪異譚をみんなに紹介する

どこまでお話しましたか。
そうそう、勝浦彦五郎の屋敷に現れた幽霊が、みずからの身の上を語り始めるところまでで――。

「正体を明かせ」と乞われた幽霊は、慇懃に手をついて礼をしますと、申し訳無さそうに頭を上げました。

「実は、こうしてお会いできますのも、今宵限りにございます」
「なに。たった今、主従の間柄となったばかりではないか。どういうわけだ」
「ハッ。それにはまず、それがしの素性からお話しなければなりません」
「そのことだ。申してみよ」
「ハッ」

ト、また手をつき、幽霊が礼を尽くして語り始めましたのは。
彼の者が死してなおこの世にさ迷うこととなった、事の経緯でございます。

そもそもこの幽霊は、名を可右衛門(べくえもん)と申しまして。
屋敷の三代前の当主、福見弥藤太(ふじみ やとうた)という者の家来でございました。

主人の弥藤太はその頃、先妻に死なれて幾年かが経っておりました。
男やもめではございますが、かといって夜ごと遊興に耽るような性質でもない。
一人息子を大事に育て、至って実直な人物だったそうでございますが。

ある時、さる同輩の娘が非常な美人――
ト、耳にしたことからすべてが狂ってしまったそうで。

物堅かった人ほど、一旦色に迷うと、もう誰の手にも負えません。
まだ会ったこともないのに、弥藤太はもうその美人に首ったけ。
寝ても覚めても、その娘のことばかり考えております。
ついには可右衛門に命じて、先方の両親へ縁談を申し込みに行かせました。

驚いたのは、先方の両親で。

弥藤太は同輩だから、どんな人物だか知っている。
真面目な人物には違いないが、チトその真面目さの度が過ぎる。
自分がこうと思ったら、前後の見境もなく、正義を振りかざしてくるところがある。
組の中で諍いを起こしたことも、一度や二度ではない。

また、父娘ほどに年が離れているのは、この際、不問に付すとしても――。
同輩にもかかわらず、家来を送ってよこすのは、妙に遠慮がすぎるのではないか。
仮にも義父になろうという者に、始めからよそよそしい態度をとるようでは、きっと面倒の種になる。

それに、弥藤太の倅は確か娘と同い年のはず。
ならばなおさら面倒だ。

ト、丁重に断りの口上を述べて、可右衛門を主人の元へ返しました。
その時、着ていたのが件の袴の礼装で。

その報告を聞いた弥藤太の腹の立てようと言ったらございません。
これでは煙たがられるのも無理はないという騒ぎよう。

「エイ、何某のやつめ。人が下手(したて)に出ればつけあがりおって。目にもの見せてくれる。可右衛門、来い」

ト、刀掛けから長いのを手にとって腰に差しましたので、可右衛門も青ざめた。
が、家来ですから、来いと言われれば一も二もなくついていくしかない。

屋敷を出た時はすでに夕暮れ時で。
弥藤太は城へ向かう道の物陰に可右衛門と二人で隠れました。
これは、同輩が今晩、宿直で登城することを知っていたからで。




向こうから誰かが歩いてくる気配がある。
同輩の何某が供を連れて歩いてくるのが見えました。
可右衛門は息を呑む。
主人は鬼の形相で鯉口を切る。

「何某、覚悟」

ト、叫んだかと思うト、主従もろとも斬り殺してしまった。

薄暗がりの中、二人の死骸が音もなく倒れている。
可右衛門は物陰で息を潜めたまま。
しーんと辺りは静まりかえっている――。

血糊も拭かずに、弥藤太がこちらへ歩いてきます。
刀からしたたる鮮血――。
その時、初めて可右衛門は気がついた。
が、時すでに遅しでございます。

「さらばだ、可右衛門。俺は今から逐電する。先にあの世へ行っていろ」

ト、鬼神のような目玉がこちらを睨んだかと思うと、次の刹那には斬られていた。
口封じというやつでございましょう。

その非道な振る舞いに、可右衛門の怨みの一念がこの世に残ったのも、無理もない話で。
こうなると、主従もなにもあったものじゃない。怨敵です。
可右衛門の霊は逃げた仇につきまとい、ついに国ざかいの山中で取り殺した。

屋敷は倅が継ぎましたが、これもまもなく可右衛門に憑かれて死んだそうで。

「それからずっと、この屋敷に取り憑いておるのか」

ト、話を聞いていた彦五郎が可右衛門に訊きました。

「さようでございます」
「して、それが今宵限りと申すのは」
「はい。そのことでございます。弥藤太の倅の遺児――つまり、弥藤太の孫でございますが――、それがただいま近江に住んでおります。今宵、矢橋の渡(やばせのわたり)を丸太舟で渡るつもりのようでございますから、沈めてやろうと思っております。乗り手のうち、七人は助かり、三人は死ぬはずでございます。そのうちの一人に、弥藤太の孫を入れてやるつもりでございます。これで怨敵の家系は根絶やし、もはや怨む相手が残りません。迷魂は火の如く、業力は油の如し。油尽きて火の消えるが如くでございます。遺憾ながら、これで成仏するより他ございません」

お暇申します――と言い置いて、可右衛門はふっと姿を消しました。
その後、二度と姿を現すことがありませんでしたので、彦五郎は気になって近江の縁者に問い合わせた。
すると、可右衛門が言ったとおり、矢橋の渡で丸太舟が沈み、三人の者が溺れ死んだとのことでございました。

彦五郎は、幽霊が現れたことよりも、消えていったことのほうが、よほど恐ろしかったという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(「一夜舟」巻之三第四『御慇懃なる幽霊』ヨリ)

この怪異譚をみんなに紹介する

新着怪異譚のお知らせを受け取る