女屋敷の天井の穴

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
平安の昔の話でございます。

ある貴人の家に、若年ながら容姿麗しく、また人柄も凛々しいご子息がございました。
当時の人々は、「近衛の中将ではないか」と噂したそうですから、マ、そのようにしておきましょう。

さて、この中将がある時、かの清水(きよみず)を参拝いたしました。
ト、毎度お定まりで恐縮ではございますが――。
やはりこういう時は、偶然美しい女を見かけるようにできております。
私もたまにはそんな目にあってみたいものでございますナ。

市女笠に隠れて顔ははっきり見えませんが、そのお召し物の華やかなことと言ったらございません。
中将も「これはきっと然るべき身分の方が、お忍びで参られたものに違いない」と考えた。

女がふと顔を上げたすきに、中将が覗き見る。
年の頃は二十歳ばかりでございましょうか。
まだあどけなく、とても可愛らしい顔立ちをしております。

中将はすっかり心を奪われてしまいまして、どうしてもあの女と縁を持ちたい。
供をしていた小舎人童(こどねりわらわ)に命じて、跡をつけさせました。

帰宅して待っておりますと、しばらくして小舎人童が戻ってまいりました。

「見てまいりました。住まいは京ではなく、清水の南方、阿弥陀峰の北あたりでございます。とても大きな屋敷で、豊かに暮らしているようでございます。年配の侍女に見つかって咎められましたが、中将様のことを正直に申し上げますと、次からは自分が取り次ぎましょうとのことでした」

中将はそれを聞いて喜びまして、さっそく文を書いて遣りました。
すると、すぐさま返ってきたのは、それは美しい女手の返信で。

こうして、しばらく中将は、阿弥陀峰の北麓に住む女と文のやり取りをしておりましたが。
ある時の返事に、女が書き送ってまいりましたことには。

「なにぶん、山里住まいでございますので、京へ出ることもなかなか叶いません。不都合でございませんでしたら、是非こちらへおいでくださいませ。御簾越しにでもお会いしたいと存じます」

御簾越しとは申しますが、それは当時の女のたしなみとして、奥ゆかしく申したものでございます。
中将はとるものもとりあえず出掛けて行きましたが、こちらは男の性(さが)と申すもの。

童の案内に従い、馬に乗って行きますと、やがて大きな屋敷に着いた。
聞いていたとおり、年配の侍女が現れて、「どうぞこちらへ」と手招きする。

スポンサーリンク

その後からついていきながら、ふと見渡しますト。
屋敷の周囲は強固な築垣で固められ、門は高くそびえている。
庭には水堀を深く掘ってあり、そこに長い橋が渡してある。
たもとに小屋があり、小舎人童ら供の者たちはそこで足止めされました。
中将ひとりが橋の向こうへ渡ります。

ものものしい雰囲気の中、中将は大きな屋敷を案内されていきます。
部屋があまた並ぶ中に、いかにも客を招き入れるために作られたような立派な部屋がある。
中将は促されるまま、妻戸を開けました。
端正に整えられた室内に、屏風や几帳が整然と配置されております。

山里ながらも、気品ある女の暮らしぶりに、思わず感じ入りました。
そのままひとり置かれまして、中将はじっと座して待っている。
聞こえてくるのは風の音、笹のこすれる音、虫の鳴く音、そればかり。
ト、夜が更けた頃になって、ようやく女が現れました。

どちらからともなく手を取り合い、几帳の内へ入ります。
ついに二人が契ります。

肌を重ねてみますト、なお一層、女が愛おしく感じられてきましたが。
それは女にしても同じだったようでございます。

二人はいつまでも尽きることなく、これまでの積もる想いを語り合いまして。
行く末長く添い遂げようと、堅く言葉を取り交わしましたが。
女は突然、物思いに沈むように黙りこんでしまった。
闇の中、やがてすすり泣く声が耳元に聞こえてくる。

「どうして、そんなに悲しそうに泣くのです」
「分かりません。自分でも分からないまま、涙が自然にこぼれるのです」

男には女の心が分からない。
たった今、添い遂げようと誓ったばかりです。
無骨と申せば無骨でしょうが、男は女を問い詰めるほかにございません。

「どうして」
「分かりません」
「分からない。薄情な方だ」
「それでは――」

女が中将の袖を引く。

「それでは申し上げますが、決してお恨みくださいませぬよう」

ト、一層の涙声で。
男は訝しく思いながらも、女の口元に耳を寄せる。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから

コメント

  1. 深川八幡太郎 より:

    女はそれが最期の夜と知っていたのかもしれませんな。もしくは覚悟の夜であったか。
    美しい女の墓標代わりに鉾が立っているところが、不釣り合いで悲しい光景のように感じます。