犬の墓

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
唐の国の話でございます。

御存知の通り、かの国の歴史は夏(か)王朝から始まりますが。
この「夏」という字はどういう意味かと申しますト。
おおよそ、「盛んである」とか「中心」というような意味だそうでございます。
後に、「華」の字がこれに取って代わるわけでございますが。

ところで、「中心」があるからには「周縁」もあるわけでございまして。
かの国では、それら周縁のまつろわぬ民を、東夷西戎南蛮北狄ナドと申します。

我が日の本は東夷(とうい)でございますナ。
三国志中の魏志に東夷伝という項があり、さらにその一条として倭人伝がございます。
もっとも、我々は自分がエビスだなどとは思っておりませんが。

このまつろわぬ民の中でも、殊に強大であったのが、西戎(せいじゅう)、北狄(ほくてき)で。

大群で馬を駆っては高原を自在に闊歩し、時にはこの「夏」「華」の領域を侵すほどでございました。
そればかりか、その一部、もしくは全域を支配したことさえ幾度かある。
殊に、後漢末頃にはこれらの民の華北への侵入が激しかったと申します。

とは言え、漢王朝の方でも無防備というわけではございません。
一旦、侵入されれば、大軍を持って押し返す。
時代の趨勢に従って、両勢力間の優劣も変わります。
その裏では、常に虚々実々の駆け引きが繰り広げられておりました。

さて、時代はざっと五百年ほどくだりまして、これは唐王朝の頃のお話でございます。
この頃は大唐帝国などと申しまして、漢人のほうが強力でございましたから。
中華とその周縁の関係も比較的、穏やかな時代でございました。

唐の貞元年間、西河郡に姓を韓と申す者が大理評事として派遣されてきました。
大理評事と申すのは、刑罰を司る官職でございます。
有り体に申せば、お奉行様でございますナ。

韓の家では馬を一頭飼っておりました。
これがまた、素晴らしい駿馬でございまして。
図体も大きく、足腰も強い。
非常に頑丈にできた名馬でざいます。

スポンサーリンク

この馬がある朝、体中汗だくになって、息をゼイゼイ切らしていたことがある。
まるで、一晩中どこかへ遠出にでも出ていたかのよう。
厩の下男がこれを妙に思いまして、主人の韓に知らせました。

すると、それを聞いた韓は激怒した。

「何を馬鹿げたことをいいおる。馬が夜中に勝手に出歩くわけがあるか。お前が無断で馬に乗ってどこかへ抜けだしたのを、取り繕おうというのだろう」

ト、まったく信じてもらえません。
忠義心から正直に知らせたつもりが、かえって鞭で折檻されるはめになった。

ところが、翌朝も馬は同じように、体中汗だくになって、息をゼイゼイと切らしています。
下男は鞭で打たれるのが怖いですから、さすがに何も言い出せない。
夜になるのを待って、みずからその謎を探ってみることにした。

その晩。
下男が厩の陰に身を潜めておりますト。
やがて、どこからともなく、一匹の犬が近づいてきました。
よく見るト、主人の韓が飼っている黒犬でございます。

黒犬は慣れた様子で厩に忍び込んでくる。
ワンと一声吠えたかと思うト、たちまち一人の男に身を変じたのだから驚いた。
衣も冠も黒い、全身黒ずくめの男です。
どことなく異人の風情のある顔立ちで。

黒衣の男は平然と、馬にまたがって鞭を打ちました。
馬が叫ぶようにいなないて、猛烈な勢いで駆け出します。
その先に高い垣根があるので、どうするかと見守っておりますト。
黒衣の男は馬に鋭く鞭を打ち、馬も躍るようにして垣根を軽々と越えて行きました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから

コメント

  1. 深川八幡太郎 より:

    前段の夏と華のことがなければ、腑に落ちない話でした。
    蛮族でさらにその飼い犬ともなれば、ど真ん中にいる者たちからすれば、所詮は忠義面した猿真似と言ったところだったのでしょうか。

    • onboumaru より:

      よく分からない敵ほど恐ろしいものはないということでしょうか。
      私は、彼らが韓の家の者の名を記して、一体何をするつもりだったのかが気になります。