怪談牡丹燈籠

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

根津の清水谷に、田畑と借家を持ち、その実入りで暮らしている浪人がございました。
名を萩原新三郎と申します。
年はまだ二十一と若く、おまけに男振りもすこぶる良いという。

二月の初めのある日のこと。
新三郎の家に山本志丈と申す幇間(ほうかん)が遊びに参りました。

表看板は医者ですが、医術のイの字も知りません。
金づるのもとを巡回しては、お座敷でご機嫌を取るという。
いわゆる太鼓持ちというやつですナ。
これを一名、幇間医者(たいこいしゃ)ト呼ぶ。

「あなた。そう毎日閉じこもって、鬱々と書見ばかりしていたら、せっかくの男振りがすたれます。今日はお天気がようがすから、一つ亀戸の臥竜梅でも見に行きましょう」

などト言って連れだしますが、実のところは自分が食事にありつきたいというのが本心で。

こうして新三郎は梅見に駆りだされることになりましたが。
その帰りに志丈が連れて立ち寄ったのが、柳島のとある寮(別荘)。

「ここは私が懇意にしている飯島平左衛門様の寮でして。実はお露様という十七歳の娘御が、ここに女中と二人で住んでおりましてな。一体、あなたは内気でいらっしゃるからいけない。今日は私がご婦人を紹介しますよ」

ト、嫌がる新三郎の手を無理に引き、ずんずんト屋敷の中へ進んでいく。

「おや、これは志丈さん」

二人を見かけて声を掛けたのは、お米と申すこの家の女中。

「今日は亀戸の臥竜梅を見に出かけましてね。梅も結構だが、何しろあれは動かない。そこでお宅の梅花を拝見しに参りました」
「それはどうも。どうぞ、お上がりなさい」

確かに懇意にしてはいるようでございますが。
大方、新三郎を口実に、自分が娘を見物に来たのでございましょう。

志丈は新三郎を連れて座敷に上がり、しばらくお米と世間話をしておりましたが。
新三郎はふと、人の気配を感じて廊下を見る。
ト、襖の隙間からこちらを覗き見ている人影があった。

「おや、噂をすればなんとやらだ」
「実は、嬢様もご一緒にと申したところが、お連れ様とお会いしたことがないからと、ご遠慮なさって」

お米が立ち上がり、襖の陰から嬢様の手を引いて戻ってくる。
現れたのは、ハッとするような美しい娘――ト申したいところではございますが。

実はとうからハッとしていたのは、この美人のほうでして。
顔を耳まで真っ赤に染めて、新三郎をチラチラと見ております。

その後、四人は近づきのしるしに盃を交わしましたが。
その間も、娘のお露は美男の新三郎をチラチラと見ては、恥ずかしそうに顔を伏せる。
一方の新三郎も、お露の美しさと奥ゆかしさに、思わず見惚れてしまいました。

帰りがけ、新三郎は厠へ立つ。
お米は気を利かせて、お露に手ぬぐいを渡して手水場で待たせます。
出てきた新三郎が手を洗うと、後ろからお露がそっと手ぬぐいを差し出す。
手を拭いた新三郎は、手ぬぐいを返しながら、お露の手を握りました。

お露は握られた手を震わせながら、じっと新三郎の目を見つめます。

「あなた、また是非来てくださいね。来てくださらないと――」

思いつめた眼差しに、ぐっと力が籠もります。

「――来てくださらないと、わたくし死んでしまいますよ」

その尋常ならざる一言が、新三郎の耳にいつまでも残って離れません。

スポンサーリンク

以来、あの時のお露の眼差しを思いながら、これまで以上に鬱々と日を暮らしておりましたが。
そのうちに、二月、三月、四月と過ぎまして。

新三郎の持つ長屋の一間に、伴蔵お峰と申す夫婦が住んでおりました。
ある日、新三郎は夫の伴蔵(ともぞう)を釣りに誘います。
ト申しますのも、あれ以来志丈がなかなか現れないからで。
釣りを口実に、飯島家の寮を外からでも眺めたいという魂胆です。

二人は弁当と酒を持参して、神田の昌平橋から船に乗る。
船頭には柳島の横川を目指すように言いまして。
自分は伴蔵と酒を呑み、しこたま酔った。
根が小心ですから、もし人に見られたらという不安を酒でごまかしている。

ところが、元来酒には弱いので、いつの間にか寝入ってしまった。
ふと、目を覚ますト、伴蔵が一人で釣りをしております。

「伴蔵。ここはどこだ」
「へえ、横川でございます」
「ちょっと岸に着けてくれ」
「岸に着けたら釣りができません」
「いいんだ。行くところがある」
「それではお供しましょうか」
「よせ。貴様も野暮だな」

ハハンと、伴蔵もようやく察しまして、これから新三郎が一人で岸に降りていく。
しばらく行くと、飯島家の寮が見えてきました。
外から眺めるだけトは思っておりましたが、行ってみると門が開いている。
つい、庭に入ってみると、縁側でお露が物憂げに外を眺めていた。

目と目が互いに合いますト。
どちらからというでもなく、手を取り合いまして。
お露は新三郎にしなだれかかる。

「あれから一度も来てくださらないから、わたくしこの三月の間、ずっと寝込んでおりましたのよ」

その思いは新三郎も同じでございましたので。
二人はいつしかお露の寝床に滑り込み。
ついに夢の様な契りを交わしました。

別れ際、お露は新三郎の手に香箱を握らせまして、

「これは母から譲られた大事な品でございます。どうかわたくしの形見と思って、お収めくださいませ」

見るト、秋野に虫の図柄で、象眼入りという結構な品。
お露は蓋を取ってそれを新三郎へ渡し、自分は箱のほうを懐にしまう。
そうして別れを惜しんでおりますところへ。

「これ、貴様は何者だ」

ト、現れましたのは、お露の表情から察しますに、父の飯島平左衛門のようでございます。

「はっ、私は萩原新三郎と申す浪士――」

新三郎が言うか言わぬかのうちに、平左衛門は鞘から刀をスラリと抜き、

「不義密通により我が家名を汚したからには、二人とも生かしてはおけぬ」

ト、娘のお露に振りおろした。

島田髷の首が床にゴロンと転がる。
思わず拾い上げようとした新三郎。
背後から容赦なく斬りつけられ――。

「旦那、旦那。どうしたんです、そんなに大きな声を上げて。オヤオヤ、汗もびっしょりかいている」

やっと目の覚めた新三郎は、夢と知ってホッと息をつく。
額の汗を拭おうとするト、右手に何やら掴んでおります。

「何です、それは」

言われてそれを見てみまして、新三郎も我が目を疑った。
先ほど夢の中でお露と交わした、香箱の蓋が手中にある。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから