猫と南瓜

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

あるところに夫婦がございました。
長年、子宝に恵まれず、寂しく思っておりますうちに。
女房もそれなりの年になり、もう諦めようということになりまして。
二人はあれこれ考えた末、何か動物を飼うことにいたしました。

ちょうどその折、畑に一匹の子猫が迷い込みました。
生まれたばかりらしく、目がまだ塞がっております。
ミャーミャーと乳を求めて鳴く声が不憫に思えまして。
夫婦は、この猫を我が子と思って育てることに決めました。

村は漁村から近い。
毎日漁師が魚と野菜を交換しにやってくる。
毎朝の食事は魚でございます。
猫を育てるにはもってこいの境涯で。

女房は自分の魚を毎日、半分ずつ分けてやる。
猫も喜んでそれを食べてどんどん大きくなる。
にゃーと鳴かれると可愛いですから、欲しがるものは何でもやる。
一年もした頃には、でっぷり太った大猫になった。

その年の秋の初めのこと。
村に六部が立ち寄りまして。
夫婦の家に一夜の宿を借りました。

六部トいうのは、御存知の通り、六十六部ト申す巡礼のことでございます。
諸国六十六ヶ所の観音霊場を巡りまして、書写した法華経を一部ずつ納めます。
六十六部の経を、厨子に入れて背負っているから、六十六部。
詰めて六部ト申します。

さて、この六部が猫を見るなり、妙なことを言い出しました。

「ご夫婦はこの猫をたいそうお可愛がりのように見受けられますが」
「ええ。子どもが出来ませんで、我が子と思って育てております」

猫を抱いていた亭主が、笑みを浮かべて答えますト。

「悪いことは言わない。今すぐ、追い出してしまいなさい」

ト、六部はにべもなくそう言ってのけた。

「急に何をおっしゃいます。そんなに猫がお嫌いですか」

茶を運んできた女房は、困惑気味に問い返しますが。

「いや、そうではござらぬ。あなたに死相が出ているから申し上げたまで」

スポンサーリンク

ト、睨まれた女房はますます困惑してしまう。

半俗とは言え、聖(ひじり)の申すことでございます。
亭主は気になって、身を乗り出してくる。
猫は何も知らずに、気持ちよさそうに抱かれている。

「女房さえ死ねば、毎日魚をまる一匹食べられるのに――。この猫は今、そう考えておりますぞ」

夫婦は揃って、「ばかばかしい」と呆れましたが。
考えてみれば、六部が魚の件を知っているはずがない。
そう思い至るト、急に目の前の聖を見る目が変わりました。

「しかし、急にそんなことを言われても――」

亭主も弱り切って、猫をさすりながら、答えます。

「ともかくその手をお離しなさい」

六部の目があまりにも強く責めるような眼差しでしたので。
亭主は思わず、手を離し、のけぞった。
その拍子に、猫は亭主の元を離れて、のそのそと歩き出していく。
待っていたように、六部が立ち上がりますト、凄まじい表情で猫を追い立てた。

「あッ――」

ト、女房が思わず声を立てましたのは。
土間に降り立った六部が、錫杖を振り上げて、

「エイッ、エイッ」

ト、猫を叩きつけたからで。

猫はギャッと悲鳴を上げながら。
打たれた脚を引きずって、どこかへ逃げて行きました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから