大岡政談 白子屋お熊

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

享保の頃。
日本橋新材木町に軒を連ねる材木問屋のうちの一軒に。
白子屋という大店がございました。

この店に、江戸中で評判の美人がおりましたが。
それが、名をお熊ト申す、一家の一人娘でございます。
年はこの時、二十三でございました。

大店の一人娘で、かつ大層な美人ときておりますから。
誰が白子屋の富とお熊の美貌を一手に収めるのか。
つまり、誰が白子屋の婿養子に収まるのかト。
そんな話題が、長らく江戸中を賑わせておりました。

それが、五年前、お熊十八の年に決着がつきまして。
白子屋の婿として迎えられたのは、又四郎ト申す地味な四十男でございます。

さて、この白子屋の身代が大きく傾いたことがございましたが。
それがほかでもなく、又四郎が婿入りする前後のことでございました。

お熊にはまるで姉妹のようだと評される母親がおりました。
名をお常ト申し、年は四十を過ぎておりますが。
若い時はさぞやト思わせる器量の持ち主で。

この母娘の何がそんなに似ているのかト申しますト。
器量も勿論でございますが、何よりも母娘揃っての派手好きでございます。

流行りの着物、櫛、笄のたぐいは勿論のこと。
それらで着飾って、物見遊山、遊興、酒宴の日々を送っている。
昨日は上野の花、今日は芝居見物、明日は両国で夕涼み。
結構なご身分でございます。

さらに母のお常には若い情夫がおりました。
清三郎ト申す、町内周りの髪結いで。

主人の庄三郎は、これも婿養子でございますから。
商売も家計も、先代の娘である妻のお常に任せている。
妻子揃っての浪費も、妻に若い情夫のあることも知りません。

主人がこんな有様では、先は見えているというものでございましょう。
いつしか借金がかさむ、取引先からは愛想を尽かされる。
こうして、白子屋の身代はまたたく間に傾いていきました。

庄三郎は店主とはいえ、材木問屋の商売はまるで素人でございます。
お常が遊興を続けるためには、自分でなんとかしないといけません。
方々に借金を頼みますが、すでに悪い噂が広まりきっている。

そこで目をつけましたのが、娘の美貌でございました。

お常はお熊の評判を利用して、持参金付きの婿を迎えようと考えたのでございます。

スポンサーリンク

その話が広まるや、江戸中から数多の男が名乗りを上げる。
こうなると、情勢は一気にお常の意のままになる。

男たちの中からお常が誰を選んだかト申しますト。
それが、大伝馬町の地主弥太郎の手代、又四郎でございました。

主人の弥太郎は財産家ですから、裏心などありません。
白子屋に対する全くの慈悲心から、五百両の持参金を出すト申し出まして。
それがお常には決め手となりました。

ところが、ここでひとつ問題となりましたのが。
当のお熊には想う男がすでにある。
忠八ト申す、店の手代でございます。

古株の下女、お久の取り持ちで以前から深い仲となっておりまして。
末は夫婦と言い交わしていたほど、強い絆で結ばれておりました。

お熊と忠八は駆け落ちも考えましたが。
結局、母お常の説得に折れまして。
家の事情を呑み、お熊が婿を迎えることになった。

こうして、お熊は泣く泣く、又四郎と祝言を上げました。

又四郎の持参金のおかげで、傾きかけていた白子屋は息を吹き返す。
再び元の大店の威厳を取り戻しまして。
一時見放されていた取引先も、続々と戻ってまいりました。

とは言え男女の仲というものは、一度結ばれるトそう簡単には解かれないものでございます。
お熊と手代の忠八は、その後も密通を繰り返しておりました。
娘に無理を強いた手前もございますから、お常も見て見ぬふりをする。
金さえ入ればト、もはや又四郎に気を遣うこともない。

又四郎は真面目一徹の男で、働き者でございます。
ところが、お熊は押し付けられた又四郎が嫌で嫌でたまらない。
一緒にいるのも嫌、ちらっと顔を見るのも嫌。

一方の母お常は、いまだに浪費癖がまるでやみません。
もとより、持参金のほうが目当てでございます。
用の済んだ又四郎は、気質が真面目な分だけ目障りに見える。

そこで、姉妹のようだと評された、母と娘の思惑が合致しまして。
又四郎を追いだそうという話が、自然と二人の間に持ち上がる。

これが後に多数の刑死者を出す事件へと発展いたします。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから