::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

井戸の底に棲む女妖

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
唐の国の話でございます。

我が日の本では、都が奈良にあった頃のことでございます。
金陵の地に、陳仲躬(ちん ちゅうきゅう)ト申す者がございました。

富裕な家庭に育ちまして、また生来の学問好きでございます。
千金の金を携え、洛陽へ遊学に行きました。

洛陽に着きますト、清化里という地に一人で住まい始めました。

この家には大きな井戸がございました。
以前から、人が落ちて溺れることが、よくあったそうでございますが。
仲躬は学問にのめり込むあまり、外へ出ることもございませんでしたので。
全くこのことを気にせずに過ごしておりました。

それから月日が流れまして。
ある時、隣家の十歳ばかりの女の子が、この井戸に落ちてしまいました。

毎日水を汲みに来ていた娘でございましたが。
ふとしたはずみで落下し、亡くなったとのことでございました。

井戸は深く、家内の者が総出で井戸浚いをいたしまして。
ようやく亡骸を引き上げたとのことでございます。

この時に至りまして、仲躬もようやく事の重大さを思い知りまして。
みずからこの井戸の上から底を覗き込んでみますト。
突然、水面に、一人の女の影が映りました。

年は若く、当世風の身なりをしております。
訝しく思った仲躬が、じっとこれを見つめておりますト。
女は赤い袖で顔を半分隠し、恥ずかしそうに笑みを浮かべた。
その笑みの裏に、何か妖艶な気配が漂っている。

仲躬は危うく心を奪われそうになる。
我知らず身を乗り出して、女の頬に手を伸ばそうとした。

しかし、そこは好学の徒でございますから。
なんとか我に返って持ちこたえ、井戸を離れて考える。

「なるほど。これが人を引きずり込んでいた妖物に違いない」

ト、慎重にその場を去りました。

スポンサーリンク

それからまた、幾月かが経ちまして。
暑い夏のことでございます。
周辺一帯は酷い旱魃に襲われましたが。
この井戸だけは、常に豊かな水を湛えておりました。

ところが、ある時のこと。
突然、この井戸が一夜にして枯れてしまった。
底を覗いてみましても、一滴の水も残っておりません。
訝しく思っている仲躬のもとへ、その晩、訪ねてきた者があった。

「敬元頴(けい げんえい)と申す者にございます」

扉の外から聞こえてきたのは、うら若い女の細い声。

仲躬が戸を開けますト、入ってきたのは、件の女。

そう、井戸の底に揺らめいていた女でございます。
色鮮やかな衣を身にまとい、図ったように今時の装いで飾っている。

仲躬はここで色に堕ちるわけにはまいりませんので。
女に席を勧めるト、単刀直入に尋ねました。

「人を引きずり込んで命を奪うのは、一体、どうしたわけです」

女はそれを聞くと、悲しそうな表情を浮かべまして。

「私が人の命を奪ったとおっしゃるのですね。それも無理はございません。そうお考えだろうとは思っておりました。今日はその誤解を解きにまいったのでございます」
「誤解と言うと――」

女は身を乗り出して、語り始めました。
その表情にはもう媚びるような気色はございません。

仲躬はそれでもまだ、警戒を解きはしない。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから