::お知らせ:: 最新怪異譚 焼き場の妖異が我をたばかる を追加しました

 

踊る猫

この怪異譚をみんなに紹介する

どこまでお話しましたか。
そうそう、貧乏寺に飼われていた猫が、月夜に踊りだしたがために、和尚によって追い出されたところまでで――。

それからしばらくいたしまして。
麓の村で一つの騒動が出来いたしました。

村一番の長者の娘が、突然亡くなったト申します。
それもただの死に方ではございません。

まるで欠けゆく月に魅入られるようにして。
突然踊りだした、その挙句に。
踊り踊って、踊り死にを遂げたという。

愛娘の、前触れもない狂い死にに。
長者はすっかり取り乱しまして。
村中の僧侶が急遽、呼びだされましたが。

山寺の和尚だけは、ひとり蚊帳の外で。
騒動もまったく知らずにおりました。

ト申しますのは、山寺の和尚の存在を。
単に長者が忘れていたからでございます。

あまたの僧侶を引き連れた、長い長い葬列が、ゆっくりと墓地に入ってくる。

ト――。

突然、つむじ風がびゅーっと一行を嘲るように吹き抜けていきました。

「あっ――」

誰かが声を上げたのを聞いて、一行が空を見上げますト。
彼らの頭上高くに、いつの間にか娘の棺がぷかぷかト浮かんでいる。

「誰だ、誰の仕業だ。おい、何とかできる者はおらぬのかッ」

長者が狂ったように喚きますト。
僧侶の一人が、思い出したように経を唱え始める。

それを聞いて、他の僧侶たちも慌てて経を唱え始めましたが。
誰もが、娘の鎮魂よりも、己の功名心が大事ですので。
てんでばらばらに、異なる経をがなりたてている。

まるでコオロギの群れが、マタタビの匂いでも嗅がされたかのような大騒ぎで。

そんな地上の喧騒を嘲笑うかのように、棺は宙に浮いたまま。

「どいつもこいつも、まるで役に立たぬではないかッ」

長者は怒り心頭、僧侶たちは焦って読経の声に力を入れる。

「長者様、長者様――」

屋敷で使っている下男が、長者に耳打ちをいたしました。

「まだ、山寺の和尚が来ておりませぬ」
「誰だ、それは――。まあ、いい。誰でもいいから連れて来い」

こうして、貧乏寺のヨボヨボ和尚が、訳も分からぬままに連れてこられましたが。
和尚は、長年、経など読んでおりませんから、思い出せません。

「早く、読めッ」
「は、はいッ」




和尚は、もうやぶれかぶれになりまして。
どうせ他の僧侶はみな、自分のことに必死になっている。
長者も経の中身など知りはしまい――。
ト、開き直るより他にない。

「オンアビラウンケンマカハンニャハラミータ――」

適当に文言をつなげ合わせて、それらしく手をこすりあわせておりますト――。

「あッ――」

ト、どこからともなく、再び声が上がりました。

「降りてくる、降りてくるぞッ」

長者も空を見上げて、喜々として手を叩く。
そのまま、棺は静かに、たおやかに、空から降りてきて、すっと地に着きました。

和尚もこれにはびっくりして、目を丸くしておりますト。

「おやッ、こんなところにッ――」

下男が指差したのは、ある墓石の裏。
そこに、猫が一匹、踊っている。
言うまでもない、化け猫と化した山寺のトラでございます。

しかし、人々は誰も、それが貧乏和尚の飼い猫だったとは知りません。

「化け猫めッ。此奴が嬢様の棺に悪さをしていたのだなッ」

若い者が寄ってたかって、トラに襲いかかる。
猫は抵抗をいたしません。

誰かがそこらに落ちていた棒を拾って、撲りつけた。
頭をしこたま打たれて、トラはぐったりとする。
そのまま動かなくなってしまいました。

「いやあ、驚きました。かように高徳の僧が、我が村におわしましたとは」

長者は感激して、貧乏和尚を屋敷に招くと、手厚くもてなしました。

狐につままれたようなトはこのことで。
それから、長者が本堂を立派に再建する。
噂を聞いて檀家の希望が殺到する。
門前に市ができる。

こうして、貧乏和尚は瞬く間に、生き仏にまつりあげられましたが。
どうしても心に引っかかるものがございましたのは。
踊り死にしたという娘の棺を、トラが踊りながら操っていたことで。

考えてみますト、トラは自分が難儀していることを知り。
みずから追い出されるように、仕向けたのではなかろうか。
そうして、自分が少しは裕福になるようにト。
あんな茶番を仕組んだのではなかろうか。

そうだとすれば、そんなトラの心遣いも気付かずに。
自分は化け猫これ幸いト、良い口実にして追い出したのだ――。

恩人――ならぬ恩猫に。
己が仇で報いたことを。
和尚は死ぬまで気に病んだという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(奥州ノ民話ヨリ。「猫檀家」ノ通称デ知ラル)

この怪異譚をみんなに紹介する

新着怪異譚のお知らせを受け取る

コメント

  1. レビュアン より:

    失礼しますレビュアンと申します。いつも楽しませていただいておりますm(__)m現代語訳の文章もいかにも古風を残し、素晴らしいと感嘆しております・・・一時期江戸期の、黄表紙本を読んだりしていたことがありましたが・・・・・挫折しました(^^;)今後も楽しみにしておりますm(__)m

    • onboumaru より:

      コメントありがとうございます。
      なかなかこういうジャンルは興味を持ってもらえないのでは、
      と思いつつ始めたブログですので、お褒めいただいて本当に嬉しいです。
      励みにして頑張ります。
      黄表紙を読まれていたとのこと、すごいですね。
      私は活字になったものしか読めません…。
      今後もご愛顧のほどよろしくお願いいたします。