旅店の黒妖

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
唐の国の話でございます。

よく、旅を人生に譬える御仁がございますが。
宿屋はさしずめ、人生の吹き溜まりと申せましょう。
吹き溜まりであるからには、あまり良い物は溜まっていない。
旅立っていくのは、清々しい大志ばかりでございます。

ここに、孟不疑ト申す一人の若者がおりまして。
科挙を受けるべく、長旅をしておりましたが。
昭義ト申す地に至り、土地の旅店に逗留いたしました。

かの国の習俗では、誰もが土足で部屋へ上がります。

とは言え、そこは人間ですから。
足かせをはめっぱなしでは、疲れも癒やされない。
そこで、宿へ着くとまず沓を脱ぎまして。
下女が足をすすいでくれることになっている。

時しも孟が、用意された盥に足を浸しまして。
ホッと一息ついておりますト。
何やらドヤドヤと騒ぎたてながら。
数十人もの一団が入ってきた。

周囲の囁きに耳を傾けますト。
どうやら、姓を張ト申す、この辺りの役人らしい。

「おい、商売の方はどうだ」
「親父の病気は治ったか」
「ここのところ、顔を見なかったな」

――ナドと。
土地の顔役気取りで、一人ひとりに声をかける。

田舎の小役人風情が、何をそう横柄にト。
孟は不愉快に思わないでもございませんが。
客地ではその顔役と通じておくのが、古今東西の処世術でございます。

早くも広間では、張と取り巻きを中心に、宴会が催されている。

孟は作り笑顔を浮かべまして。
酒を持って、挨拶に出向きましたが。
張はすでに酔っております。
擦り寄ってきた孟を、訝しそうにじっと見ますト。

「向こうへ行け。酒がまずくなる。いい若い者が努力もせずに、便宜を図ってもらおうなどとは、小賢しい。親孝行でもしろッ」

スポンサーリンク

ト、もっともらしいことを言う。

孟はいよいよ不快に思いまして。
適当に引き下がり、広間の端の席に一人座りつつ。
一団の騒ぎを遠巻きに眺めておりましたが。

張は周囲に持ち上げられて、グイグイと盃を空けていく。
髭の生えた大男が、泥のように酔いますト、

「おいッ。料理をもっと持って来いッ」

ト、ただでさえ大きな声を張り上げます。

孟は孟で、己を前途洋々たる若者ト思っておりますので。
田舎の小役人のまま人生を終えるだろう、この男の横柄さが。
哀れでもあり、滑稽でもあり、やはりまた腹立たしくもありました。

「こんな無価値な男は、そこらで頓死でもしてしまえばいい」

思わず、胸の内でそんな悪態をつきましたが。

その悪念を合図にでもしたかのように。
そこへ、数々の料理が隊列を組んで運ばれてきた。

ト、よく見るト、その隊列の中に。
おかしな影が混じっている。

それは黒い猪(しし)のようにも見える、影の塊で。
まっすぐに突進してきますト、燈籠の下ですっとその姿を消しました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから