むくむくと腫れ物に触るよう

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

下総国、臼井の四日市ト申す地へ。
諸国行脚の僧が通りかかりました。

時すでに、夕闇迫る頃となりましたので。
付近の民家に一晩の宿を乞おうト思いまして。
ある家の門をたたきますト。

中から出てきたのは、陰鬱な表情の若い男で。
僧が事情を話して宿を乞いますト。
いかにも迷惑そうな表情で、首を横に振りました。

「申し訳ないが、他をあたってくだされ」

ト、沈んだ声で言うか言わぬかのうちに。
もう戸を閉めようといたします。

「そういうことなら」

ト、僧が立ち去ろうといたしますト。

ふと、思い出したように戸が再び開きまして。

「なるほど。ひょっとすると――」

ナドとつぶやきながら、件の若者が僧を呼び止める。

「お待ちくだされ。かようにむさ苦しいところですが、よろしければ是非」

ト、今度は向こうが乞うような顔つきをする。

こうして、僧は平六左衛門ト申す若人の家に泊まることとなりました。

その晩、僧は旅の疲れを癒やすことも知らず。
夜もすがら、熱心に法華経を誦んでおりましたが。
障子一枚隔てた隣の部屋から。
いつしか、人の声が聞こえてくるのが気になった。

「むく、むく――」

ト言って、しきりに呻いているようでございます。
先ほどの若い衆の声ではございません。
この家にはまだ他に、誰か家人がいる様子でございます。

スポンサーリンク

僧は不思議に思いながら。
法華経を閉じて、灯火を消し。
床に入りますが、どうにも眠れない。

「むく、むく――」

ト、延々と繰り返される呻き声。

夜が明けるト、僧は主人の平六左衛門に、

「ご尊父が臥しておられるとはつゆ知らず。おっしゃってくだされば、他の家を当たりましたものを。大変なお邪魔をいたしました」

ト、ひらに詫び入りましたが。
それを聞いて、平六左衛門はやや面を伏せますト。
恥じ入った様子で、語り始めました。

「そのことでございます。実は、初めはそれがお恥ずかしく、よそをあたっていただこうと思っておりました。諸国行脚の僧はこの辺りをよく通りかかります。とは言え、ほとんどが食い詰め者の成れの果てで。ところが、御坊の尊顔を拝見いたしますと、実直な修行者らしきことが知れました。そこで、正直にお頼み申そうと、お引き止め申した次第でございます」

僧も何となく察するところがございまして。

「ご尊父のことですかな」

ト、水を向けてみますト。

「お察しのとおりでございます」

平六左衛門はそう言って頷きつつも、

「親父の腫れ物のことでお頼みがございます」

ト、返ってきたのは意外な一言で。

「十二年前からでございます。親父の両肩に腫れ物が一つずつございます。それがために、毎晩、親父は『むく、むく』とうなされ続けているのでございます」

憂いに満ちた言葉のその意味を、僧はにわかに呑み込めません。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから