沢の怨霊の片棒を担ぐ

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
唐の国の話でございます。

昔、張禹ト申す勇猛な武将がございまして。
旅の途中で、大きな沢のほとりを通りかかりましたが。

一天にわかにかき曇りまして。
昼間というのに辺りは夜のように暗くなる。
今にも大雨が降り出しそうな、重苦しい空模様で。

沢の向こうに大きな屋敷が聳えている。
張禹はそれに気が付きますト。
濡れ鼠になっては面倒だト。
降り出す前に、門へト駆け込んでいきました。

屋敷の門はちょうど開かれておりましたが。
張禹が駆け込んでくるのを見て、下女が驚いて用件を問う。

「軒先で構わぬ。雨宿りをさせてもらいたい」

大男が実直そうにそう申しますので。
下女はとりあえず主人に取り次ぎに行きました。

しばらくして戻ってきた下女は、一転、にこやかな笑みをたたえている。

「どうぞ、軒先とおっしゃらずに中へお入りくださいとのことでございます」

ト、張禹を案内していきました。

大きな屋敷の中を、コツコツと靴音を響かせながら奥の一室に通されますト。
帳をおろした中に、年のころ三十ほどの女主人が、椅子に腰を下ろしてこちらを見ている。
周囲を二十人ほどの下女が取り囲んでおります。
主人はもちろん、みな色とりどりの美しい衣を身にまとっている。

さしものつわ者も、その光景には気圧されまして。
しばらく言葉を失っておりましたが。
女主人はその様子を見てとりますト。
母のような優しい声音で、声をかける。

スポンサーリンク

「どうぞお座りになってくださいませ。何か必要なものがあったら、おっしゃってください」

張禹はもとより、武骨者でございますから。

「飯は食ってきましたが、喉が少し乾いております」

ト、有り体に申し出ました。

主人と下女たちは、少し困った表情で互いを見やっておりましたが。
やがて、下女の一人が湯を沸かし始めましたので。
張禹は、ただじっと待っておりました。

ところがどうも様子がおかしい。
湯の沸く音はいたしますが、湯気が全く出ておりません。

張禹がいぶかしげに眉をひそめますト。
主人と下女たちは再び困った表情で互いを見やる。
ついに、女主人が白状するようにこう申しました。

「お気づきになられましたか。実はわたくしどもは、死霊なのでございます」

張禹は気付いてなどおりませんでしたから。
突然の告白に驚いた。

美しい女主人がさめざめと泣き始めます。
取り囲んだ下女たちが、覚悟を決めたようにこちらを見る。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから