阿闍世王と釈尊

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
天竺の話でございます。

成道して仏となられた釈尊の弟子に、提婆達多(だいばだった)という奸物がおりました。
この者は多聞第一として知られた高弟、阿難(あなん)の兄でございます。
ふたりとも、元をただせば釈尊の従弟でございますが。
同じ従弟でも、提婆達多と阿難では、陰と陽ほどの違いがある。

提婆達多という男は、生きながらにして無間地獄に堕ちたと伝えられております。
単に釈尊の教えに反したからというのではございません。
釈尊を殺害することによって自らが仏となろうという、誤った考えを抱いたからで。

後に唐の三蔵法師玄奘が天竺を旅しましたときに。
提婆達多が地獄に堕ちたという、その穴がまだ遺っていたとか申します。

さて、釈尊の元を離れた提婆達多でございますが。
摩竭陀国(まがだこく)は王舎城の阿闍世(あじゃせ)王子に取り入りまして。
その側近のような立場に収まっておりました。

「王子。今こそ、お父上を亡き者にして、あなたが王位に就くべきときです。私もまた、釈迦仏を誅して新仏となりましょう」

ある日、提婆達多が阿闍世王子の耳元で囁いた。

これには、阿闍世王子も驚きまして。

「お前はなんと恐ろしいことを言う。父君を害して私が王位に就くなどと、そんな不敬が許されようか」

阿闍世王子は、夜の森で悪魔にでも出くわしたような表情で、提婆達多を見る。
提婆達多は、まるで動じることもなく、阿闍世王子を見下ろします。

「お可哀そうに。王子は何もご存じないのです」
「何も知らないだと。では、お前は何を知っているというのだ」

するト、提婆達多は待っていたかのように、身を乗り出しまして。

「王子よ。ご自身の左の小指を御覧なさい」

ト、言いました。

王子はこの指のことに触れられるのを、幼い頃からことさら嫌っておりましたので。
まるで短刀を胸先に突きつけられたような気持ちになる。

「その指が折れている理由を、王子はご存知ございますまい」

スポンサーリンク

確かに王子は、この指に長く劣等感を抱きながら。
それがなぜ、人と異なる形に折れているのか。
その理由を全く知りません。

「な、なぜこの指が折れているのか、お前は知っていると申すのか」
「知っております。ですから、今こそ父君をお討ちなさいと申すのです」

それから、提婆達多が長い沈黙をおいた後に。
静かに語り始めたその逸話こそが。
阿闍世王子の秘められた出生譚でございました。

父王、頻婆娑羅(びんばしゃら)王と韋提希(いだいけ)夫人の間には。
長らく、子がございませんでした。

焦った王が、占わせてみますト。
王宮の裏山に仙人が一人住んでいるという。
その仙人が間もなく寿命が尽きる予定にあり。
それがこの国の王子として転生するであろうト申します。

頻婆娑羅王と韋提希夫人は、それを聞いて大いに喜びましたが。
考えてみれば、その寿命というのがいつ尽きるのか、分かりません。
王も妃もいつまでも若くいられるわけではない。

妃が子を産めぬほど老いる時まで、その仙人は死なぬのではなかろうか。
いや、もしや――。

自分が老齢や戦いで死んだ後、他の者との間の子として、生まれてくるのではなかろうか。

そんな妄念が王の心に取り憑いて離れない。

王はやがて待ちきれなくなりまして。
一日も早く転生せよとばかりに。
ついに裏山に軍を差し向けました。
仙人一人を殺すのに、大国の軍勢数百騎が押し寄せる。

「なるほど、話はわかりました。殺さば殺すが良い」

ト、剣を突きつけられた仙人は、気味が悪いほど冷静で。

「私が殺されて王子に転生すると言うのなら、きっとあなたは子に殺される。王にそう伝えよ」

カッと目を見開き、そう捨て台詞を吐きますト。
仙人は無残にも斬り殺されてしまいました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから