::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

箱根関所 お玉ヶ池

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

よく、「入り鉄砲に出女」ト申しまして。
女が関所を通過するには、非常な困難が伴いますが。
もっとも厳しいのはどこかと申しますト。
それはやはり、東海道は箱根の関所でございましょう。

その関所の裏山に。
お玉ヶ池ト申す池がございまして。
元は薺(なずな)ヶ池と呼ばれていたそうでございますが。

どうしてお玉ヶ池と呼ばれるようになったのか。
その由来をこれからお話しいたします。

元来、関所と申しますものは。
手形さえあれば誰でも通ることができますが。
こと、女に関しますト。
それがそうもいかないのが難しいところで。

男が関所を通ります場合は、通行手形が必要となりますが。
これは町役人か菩提寺に頼めば、その場でサラサラと書いて渡してくれる。

ところが、女には女手形トいうものがございまして。
これを誰が書いてくれるかと申しますト。
幕府のお留守居役でございます。
――急に敷居が高くなりますナ。

これはどういうわけかト申しますト。
江戸には諸侯の妻子が、それぞれの江戸屋敷に住まっておりますから。
これが密かに江戸を抜け出して、本国と悪巧みを働かれては困ります。
さらに申せば、高貴な女が高貴な装いで関所を抜けるとは限りません。

そこで、女が関所を通るとなるト。
身分の上下を問いませんで。
みな、厳重な取り調べの上に。
ようやく通過を許されます。

わたくしは女に生まれたことがございませんから。
その心情はにわかに測りかねますが。
女にとっての最大の恥辱と申しますト。
人見女の改メだそうでございまして。

関所には必ず人見女ト申す婆ァが待機しております。
女が関所にやってくるト、この婆ァが隅から隅まで検分する。

結い髪を解かれて、何か隠していないか調べられるくらいは、まだしもで。
帯まで解かれ、着物、襦袢の中までジロジロと見られます。

それが、見られるだけなら、やはりまだしもでして。
まだどこかに何かを隠しているかもしれないト。
ごつごつとした手で脇や尻の間などを改められる。
それで何も出てこなければ、晴れてお許しと相成るという。

いくら同じ女が相手とは言え。
この屈辱に耐えられる女は、よほど度胸が据わっている。
関所を越えるや、身を投げてしまう女も多々あると言われるほどでございます。

スポンサーリンク

すると、こうした話はすぐに尾鰭が付く。
箱根を越えようという女たちは、みな関所を地獄の一丁目くらいに恐れている。
腕の一本も切り落とされて、通行料に持っていかれるト思う女もあるくらい。

さて、ここに、お玉、お杉ト申す女芸人がおりまして。
ふたりとも、京に近い大原の百姓の家の出でございます。

平年は正月になると、二人で鳥追いをやって小金を稼いでおりましたが。
近頃、上方ではあまりこれが流行りませんで。
旅の一座の仲間に入り、江戸へ下ってまいったのが前年の暮れ。

鳥追いはご存知でしょうナ。
正月になると、笠をかぶった女二人が門付けに回って来るアレで。
一人が三味線を弾き、一人が唄や踊りで新年を言祝(ことほ)ぎます。
元は文字通り、百姓の子供らが田畑の鳥を追って唄ったのが始まりだそうで。

こうして小正月辺りまで、各戸を回って小金を稼ぎますと。
やがてそれぞれの故郷へ帰っていきますが。

二人は初めての江戸暮らしで、ただでさえ心細い思いをしていたところへ。
ここからは奥州へ向かう旅の一座と離れ離れになりまして。
二人で大原へ帰ります。
途中、例の箱根関所を通って帰らなければなりません。

「お杉姉さん。箱根の関所は、通行料に腕を一本もがれるそうだよ」

お玉が震え上がって、年配のお杉を見上げます。

「あんたはあんまり怖がり過ぎだよ。来たときも通ったが、お前も私も五体満足じゃないか」
「でも、それは外から江戸へ入る女だからでしょう」

お玉はまだ十六の小娘です。
対してお杉は二人の子持ちの三十女。
肝の据わり方がまるで違う。

明日は箱根越えという日の晩でございます。
ここは小田原の安旅籠。
お杉が呑気にベベンと、撥を叩く。
相部屋の女旅人たちが、「よッ」と囃し立てましたが。

お玉は燈籠の火に照らし出された女たちが。
明日には片腕になっているかト思うト気が気でない。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから