妲己のお百(五)峯吉殺し

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
またぞろ、妲己のお百の悪行譚でございます。


(大坂の廻船問屋、桑名屋。先代が斬った海坊主の怨霊が、十数年の時を経て甦る)

妲己のお百(一)海坊主斬り
こんな話がございます。 これから幾回かに分けまして。 「妲己のお百(だっきのおひゃく)」の悪行譚をお話しいたしますが。 今回、お百...

(海坊主に憑かれたお百が、桑名屋の女房を理不尽に追い出し、死に追いやる)
妲己のお百(二)桑名屋乗っ取り
こんな話がございます。 いよいよ、妲己のお百(だっきのおひゃく)の悪行譚でございます。 (大坂の廻船問屋、桑名屋。先代が斬った海坊主...

(先妻の亡霊に滅ぼされた桑名屋。お百の入れ知恵で金を詐取し、江戸へ出奔)
妲己のお百(三)おきよの亡霊
こんな話がございます。 またぞろ、妲己のお百(だっきのおひゃく)の悪行譚でございます。 (大坂の廻船問屋、桑名屋。先代が斬った海...

(芸者美濃屋小さんに変じたお百。追ってきた桑名屋を誘い出して殺す)
妲己のお百(四)美濃屋小さん
こんな話がございます。 またぞろ、妲己のお百の悪行譚でございます。 (大坂の廻船問屋、桑名屋。先代が斬った海坊主の怨霊が、十数年...

お百の新しい金づるとなった美濃屋重兵衛でございますが。
旅商人ゆえ、いつも家を留守にしております。

その分、お百は毎日を気楽に過ごしている。
だがそれも、旦那が金を持って帰ればこそ。
留守があまり長く続くと、自分が遊ぶ金がない。

お百は毎日座敷へ出てせっせと稼ごうというような。
殊勝な心がけの女ではございませんので。
そのうちに座敷へも出ず、方々から金を借り。
家にこもって酒ばかり飲むようになった。

時は正月七日頃。
朝から雪がちらほら降っている日で。
お百の小さんはひとり三味線を爪弾きながら。
小唄を唄い、銚子を傾けている。

ト、そこへ――。

「雪はしんしん 夜(よ)もその通り
どうせ来まいと真ん中に ひとりころりと膝枕――」

どこからか聞こえてくる門付けの唄い声。
同じく女の声で小唄を唄っております。

病み上がりか、声がややしわがれている。
三味線も破れているのか、胴鳴りがする。

とはいえ、お百も上方唄で評判を取る美濃屋小さんでございますから。
この門付けの腕の確かなのは、よく分かります。
その切ない調子に感心して耳を傾けておりますト。

スポンサーリンク

「ごめんなさいよ」

ト、ガラリと戸を開けて入ってきた男の声。
亭主殺しの後ろ暗さがあるお百は、思わずサッと身構える。
立っていたのは箱持ちの兼どんで。
ご承知の通り、芸者の商売道具を茶屋へ運ぶ小男でございます。

「なんだね、びっくりした。女の家の戸を急に開けるんじゃないよ」
「姐さん、あちこちのお座敷からお呼びがかかってるのに、そう引き篭もっていられちゃ、あっしが困る。姐さんが座敷に出ないとこっちが干上がっちまいます」
「そんなことよりさ。さっきから粋な唄声が聞こえてくるじゃないか。門付けにしておくにはもったいない腕前だよ」
「ああ、そのことなら、あっしもさっき見かけてびっくりしました」
「びっくりしたって」
「ええ、あれはね――」

ト、兼どんが語りだしたのは、その門付けの哀れな素性でございます。

一昔前には、太田屋の峯吉(みねきち)と名乗り。
深川一の評判を取っていた芸妓だそうで。
日光街道は粕壁の大店(おおだな)、葛西屋の主人に見初められ。
めでたく身請けされたのがその全盛。

ところが、葛西屋が米相場に手を出したのがケチのつき始めで。
瞬く間に身代は潰れ、反対に借金取りに追われる始末。
旦那は逃げるようにしてこの世から去る。
悪いことは重なるもので、取り残された峯吉は、心労からやがて目が暗くなる。

今は十三になる娘に手を引かれ。
かつて栄華を極めたこの深川で。
小唄を唄い、門付けして、何とか食いつなぐ日々だと申します。

「兼どん。その姐さんをこっちに上げておやりなよ。せっかくだから、深川一と評判を取った唄声を、目の前で聞かせてもらおうじゃないか」

ト、人情家らしく声を掛けましたのは。
戸の外に見えた娘の器量が、存外に良かったからで。

峯吉の哀れな身の上話を、聞いていたはずのその間に。
すでにお百の頭の中には、狂言が一つ書き上がっておりました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから