二度目の妻と嚢中の錐

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
元朝の話でございます。

遼東の按察使を長く任された者に。
姚忠粛(ようちゅうしゅく)ト申す男がございました。

按察使トは何かと申しますト。
本朝で申すところのお奉行様で。

姚忠粛は、さながら大岡越前の如き名奉行。
――ならぬ名按察使でございます。

その配下には与力、同心の如き役人が。
あまた従っておりましたが。
どれもこれも傑物揃いで。
みなで姚の名裁きを支えておりましたが。

中でも丁欽(ていきん)ト申す者は。
その人並み外れた推察力で。
いつも同輩たちをあっと驚かせる。
いわば姚奉行の懐刀でございます。

さて、この丁欽でございますが。
近頃になって、妻を娶りました。

これがまた、ただの妻ではございません。
国に二人といないような、まさに女傑でございます。

容姿は非常な美人でございまして。
小柄ながら、なんとも言えない艶がある。
かてて加えて、聡明で。
才色兼備とはこのことでございます。

同輩たちはみな、羨望の眼差しで丁欽を見る。
己にもあんな嬶(かかあ)がいたならト。
力の到らぬ己の口実にする者もございます。

普段は厳しい鬼の上役の姚でしたが。
この縁談ばかりは、丁欽を手放しで褒めました。

スポンサーリンク

この婚姻を境にして。
丁欽の運気はどんどん上昇する。

イヤ、運気とばかりも言えません。
夫が吟味に詰まるたび、妻が得意の明察で。
たちまち下手人を言い当てます。

同輩たちはますます、丁欽の妻を褒めそやす。
ところが、ある時から、姚のみが。
渋い表情を浮かべるようになった。

丁欽は有頂天になっておりましたから。
上役とは言え、姚の態度が面白くない。

――己の地位を脅かされると、
考えておられるのではあるまいか――

丁欽が勘ぐったのも無理はありません。
呼応するように、丁欽の妻を見る姚の目つきが変わっていく。

事あるごとに、姚忠粛は丁欽に。
妻の出自や来歴を。
根掘り葉掘り尋ねるようになりました。

丁欽は不愉快でなりません。
もうこうなったからには、己が姚を凌ぐしかない。

そう考えるようになった頃。
ここにひとつの事件が起きました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから