::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

神隠し 嬰児と黒髪

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

陸奥国は遠野ト申す地に。
男盛りの猟師が一人おりまして。
名前を嘉兵衛ト申しましたが。

この嘉兵衛が山へ猟に出た時のこと。

一日中、山を歩き回っても獲物は見つからず。
銃の掛け紐が肩に重くめり込みます。
歩き疲れて足はすでに棒のよう。
がっくりうなだれ、山を降り始めたのが薄暮れ時で。

不意に目の前の笹原を撫でるようにして。
風がさらさらト音を立てて、通り過ぎていきました。

嘉兵衛はその風に誘われでもしたように。
何の気なく顔を上げて見ましたが。
その風を向かい撃つかのようにして。
こちらへ向かってくる髪の長い女がひとり。

背中に嬰児(みどりご)をおぶっている。
色の白く、美しい女でございます。

子供を結いつけた襷(たすき)は、藤の蔓。
着物は常の縞模様でございますが。
裾のあたりが尋常でないほどに破れている。
それを、何を思ったのか、木の葉を集めて縫い付けています。

そんな異様な風体の女をよく見てみますト。
まるで笹原の上を歩くように、地に足もつけずこちらへ向かってくる。

嘉兵衛はびっくりして、銃を向けた。

女はそれを見てすっと立ち止まりまして。
岩の上に立ち、しばらくはただ呆然と。
己の黒き長髪を梳(くしけず)っておりました。

嘉兵衛は震える手で銃口を女に向けている。
額から冷や汗を垂らしている。
ト、その時。

「あ、あなた、嘉兵衛さん――」

突然、女が顔色を変えまして。
気まずそうな表情を浮かべますト。
思わず知らず口を突いたように出ましたのが。
他でもない、嘉兵衛の名前でございました。

名を呼ばれて嘉兵衛もはっとする。

スポンサーリンク

「だ、誰だ――」
「私です。隣の家に住んでいた――広(ひろ)でございますよ」
「ひ、広だと――」

よく見れば確かに面影がある。
嘉兵衛にしても忘れはしない。
久しい以前、ものに憑かれて姿を消したと言われている。
隣の家の娘、広に違いございません。

あれからおよそ二十年。
ふたりともすっかり大人になった――。

嘉兵衛と広は幼馴染でございました。
二人はともに野を駆け、ともに歌い、ともに成長しましたが。
やがて年頃になり、互いを意識するようになりますト。

娘は自身の成長のより早いのを恥じらうようになり。
若者は娘とは反対の意味でそれを恥じるようになる。

二人はやがて、顔を合わせても、言葉をかわさなくなっていきました。

そんなある日の終わりでございます。
空は群青に染まり、白銀の月がいやに明るい晩でございました。

嘉兵衛は広を想い、夜風にひとり吹かれていた。
するト、その想いが通じましたものかどうか。
隣の家の表戸が、ザッザッと小さく音を立てて開いた。

「広――」

ト、嘉兵衛は、思わず声を上げそうになりましたが。
そんな勇気はやはりなく、夜陰に紛れてじっと黙っておりました。

愛しい人は気づきもしない。
ただ、月明かりに誘われるようにして。
静かに一歩、また一歩と歩みを進めていく。
まるで夢見たまま歩いているようにすら見えました。

「こんな夜更けにどこへ行くんだ」

嘉兵衛は不思議に思いましたが。
何か自分には分からない秘密のようなものが。
女にはみな、あるのではないかという気がいたしまして。
声もかけられず、ただ黙って見守っておりましたが。

それが後に悲劇を生むことになろうとは。
この時はよもや思いもいたしませんでした。

――チョット、一息つきまして。

コメント

  1. 伊集院華丸 より:

    ほんと怖いですよ!
    夜読めない・・・
    子ども向けのお話も知りたいです(笑)
    林間でお話だ!

    • onboumaru より:

      ありがとうございます。
      普段自分で怖がることはないので、
      こうした反応を教えていただけると本当に嬉しいです。
      今後ともよろしくお願いします。