::お知らせ:: 画師略伝 葛飾北斎 ―画狂老人は一処に安住せず― を追加しました
 

修羅道 佐倉惣五郎

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21

こんな話がございます。

余り知られていないことでございますが。
戦国の世においては、百姓は存外丁重に扱われておりました。

ト申しますのも、百姓がいなければ兵糧が集まらない。
軍勢も大半はその実が領内の百姓でございます。
扱いを間違えると、他国の領主のもとへ奔ってしまう。
するト、敵の軍勢の一部となってこちらへ刃を向けてきかねません。

そのため、たとえ百石穫れる土地柄でありましても。
百姓が七十石しか穫れなかったト申せば、受け入れるよりほかにない。
江戸ご開府以降も、その慣習が各地に残っておりました。

さて、時は四代家綱公の御世。
その頃、下総国印旛郡佐倉の領主は、堀田上野介正信ト申しまして。
その父は、三代家光公薨去に際して殉死したという、忠臣堀田正盛。
幕府老中も務めた譜代大名でございます。

佐倉領はこの正盛の頃から、年貢の取り立てが厳重になりました。
どんぶり勘定を改め、領内の田畑を細かく検地する。
これまで黙認されていた新田などからも、どんどん取り立てる。

百姓は驚いて上を下への大騒ぎ。
村内で評議をし、大慌てで願書をしたためナドいたします。
ト、そこへ、入ってきたのが正盛殉死の一報で。

「助かった。今度のお殿様は年貢を元の通りに戻してくださるそうだ」
「なんでも御先代への追善供養のためだそうだ」

そんな噂が瞬く間に領内に広がりましたが。
噂はあくまで噂でございます。

当の正信は父にもまして気性勇猛でございまして。
自分が善と信じたことは、どこまでも頑なに断行する気質でございます。
父の検地竿入を継いだばかりか、以前にもまして厳しく取り立てようとした。

百姓たちも無い袖は振れません。

通常、年貢を未納の者は、まず郡奉行に引っ立てられていきます。
そこでいろいろ説教された上で、次に村役人お預けとなりまして。
いつ幾日までに納めろと猶予を与えられます。

それでも納めないとなると、いよいよ入牢と相成ります。
そこで待っているのは木馬責めト申す拷問で。
いわゆる三角木馬ですナ。

ところが、佐倉の年貢取り立てはあまりにひどい。
四公六民どころではございません。
木馬責めにあう者が跡を絶たない。
領主堀田正信も困り果て、家臣を集めて評議しまして。

「領分一同へ。一村において年貢上納致さざる者これ有る時は、村内一同にて上納致すべし。もしそのまま上納致さざるに於いては、きっと咎め申し付ける」

ト、村全体での連帯責任を言い渡した。

村人ひとりが年貢を納めなければ、村中で出し合って納めなければなりません。
もし、これを納めなければ、一人のために全員が牢に入らなければならなくなる。
と言って、この苛斂誅求に耐えうる者などおりません。

するト、この話を聞いて立ち上がりましたのが。
領内は公津村の名主を務めます木内惣五郎ト申す義侠の人で。

自分の村で年貢を納められない者がおりますト。
みずからが代わって納めて助けてやる。
次第に自身の財ではまかないきれなくなりますト。
田畑を売ってまで、村民を守ってやろうと致します。

そんな惣五郎の義侠が他村に伝わりますト。
百姓たちの怒りに火が着きまして。
その火の粉がやがて各村の名主に飛び火した。

「公津村の惣五郎様は偉えでねえか。それに比べてうちの名主はどうだ。お殿様の言いなりになっているばかりでだらしがねえ」

そこで、佐倉領内の名主たちは連れ立って公津村を訪れる。
惣五郎とその他名主たちが相談いたしまして、

「年貢未納は今まで通り、当事者ひとりを罰すること」
「向こう三年間、検地竿入を猶予すること」

以上二点を、領主堀田家に願い入れることになった。




ところが、領主の方でもそう簡単には聞き入れません。
熟考の末、惣五郎は江戸に出府いたしました。

承応二年十二月二十日。
将軍徳川家綱公が、上野寛永寺へ参詣する。
そこへ現れたのが惣五郎でございます。

「お願い致します。実はかくかくしかじか――」

ト、民に成り代わって天下の大将軍に直訴した。

命がけの訴えが功を奏しましたものか。
惣五郎の願いが聞き入れられまして。
年貢未納当事者のみを罰し、検地竿入を三年猶予せよと。
堀田家に対し、沙汰が下りました。

面白くないのは、領主の堀田上野介で。
領主を蔑ろにした所為であると激怒する。
惣五郎は引っ立てられて牢に入れられる。
のみならず、妻のおさんに倅の惣平、喜六、三之助をも投獄した。

これに取り入ったのが、郡奉行の高田源太夫でございます。

「卑しき身ながら上様へ御直訴した惣五郎は大罪人。領内引き回しの上、磔(はりつけ)とし、妻子は死罪とすべきと存じます」
「よしよし。よきにはからえ」

承応三年二月三日。

高田源太夫が指揮を執りまして。
惣五郎を裸馬に乗せ、二百二十九ヶ村を引き回す。
村人たちは惣五郎を慕い、ゾロゾロと行列について回ります。
茨台の刑場にやって来た時には、もう日が暮れていた。

刑場の真ん中には、栂の木で作った磔台。
むしろを敷いた上には、おさんと十一、九つの倅ふたり。
やっと二つの赤ん坊は、母の腕に抱かれている。

磔台の惣五郎は、ただじっと黙って哀れな妻子をみつめている。
妻のおさんは乳呑み子をしっかと抱いて目を閉じている。
二人の倅は立派なもので、口を真一文字に食いしばって涙をこらえておりました。

ト、そこへ――。

「待たれよ、待たれよッ」

狂気の滲んだ僧形がひとつ。
人垣をかき分け、矢来の前までやって来た。

「仏頂寺の僧、光善にござる。惣五郎の叔父でござる」

押し寄せた百姓たちがどよめいた。

「何卒、子供たちの命ばかりはお助けくだされ。出家遁世させ、愚僧の手元にて教導いたしましょう」
「黙れ。気狂い坊主め」

光善はあえなく、役人たちに取り押さえられてしまった。

「惣五郎に、おさん。決して成仏するでない。悪鬼となれ。むしろ修羅道に迷うが良い。生き変り死に変り、末代まで堀田家に祟るが良い」

ト、その時、東の空に三日月が上がりました。

「見ろ。お月さまが名主様の冥途の道を照らさっしゃる。南無阿弥陀佛、南無阿弥陀佛――」

――チョット、一息つきまして。

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着怪異譚のお知らせを受け取る