::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

食い込む爪

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、四人の若者たちが泊まった宿の一室で、女の死体が起き出して、若者の口に息を吹き込むところまでで――。

女は隣の寝台に近づきますト。
やはりかがみ込んで口元に顔を寄せる。

仲間の口に口を当て。
ふうっ、ふうっ、ふうっと。
三度、息を吹き込みます。

それが終わると、次にまた隣の寝台にやってくる。

男は頭から布団を被り。
息を殺しておりました。

(次は俺だ。次は俺だぞ――)

女がついにこちらへ近づいてくる。
布団の上からふうっ、ふうっ、ふうっと。
三度、息を吹き込んだのが分かった。

女の気配は去っていく。

男はようやく一息ついて、布団から顔をそっと出してみる。
女の死体はすでに帷の中へ戻っている。
寝台の上に固い棒のようになって横たわっている。

この狭い一室に、魔に憑かれた死体とともにいるかと思いますト。
男は全身から血の気が引いていく思いがいたしまして。
ともかくも仲間を起こそうト、足を伸ばして蹴ってみましたが。
誰一人、目を覚まそうといたしません。

もうこうなったら、己ひとりでも逃げ去るより他ございません。
寝台の上に身を起こして、そそくさと着物を着ておりますト。

ミシミシ、ミシミシと。
再び軋み始める女の寝台。

男はぞっとして、布団の中にもぐりこむ。
女が近づいてくる気配。
布団の上から何度も息を吹きかけている。
男は震えを懸命に抑えてじっと耐える。

やがて女は去っていった。

男はもはや猶予はないと覚悟を決め。
着物を急いで身につけますト。
一、二の、三で寝台を飛び降りて。
裸足のままで駆け出した。

物音に死体が揺り動かされる。
はたと起き上がって左右を見回す。
男と目が合ったその瞬間――。
死者は猛り狂い、逃さじとばかりに追ってくる。

男は一目散で逃げ出して、閂を抜いて外へ出た。

「おーいッ、誰か助けてくれーッ」

大声で叫びながら走りますが、誰も気づいてくれません。
女の死体が凄まじい勢いで追いかけてくる。
男は城下へ続く道をひたすらに走りました。

やがて、街の入り口に廟が見えてきた。
男は死に物狂いで門を叩く。

「開けてくれッ。殺されるッ」

男の鬼気迫る叫び声に、道士はかえって怖気づいてしまいまして。
頑なに門を開けてくれようといたしません。

振り向くと、女の死体がもうそこまで追ってきている。
もはやここまで――ト観念した時、男の目にドロノキの大木が見えました。

スポンサーリンク

男はすがりつくように木の陰に隠れる。
女の死体が迫ってくる。

右へ回れば左へ逃げ――。
左へ回れば右に逃げ――。

振り回されて憤激した女の死体が。
ぱっと両手を伸ばして掴みかかってくる。
鷲のように鋭い爪が、男の眼前に飛んでくる。

男は思わず後ろにのけぞったその勢いで。
もんどり打って背中から地に叩きつけられた。

(南無三――)

ト、女の死体が急に静かになりました。

男は恐る恐る身を起こしてみる。
女は木に抱きついたままじっとしている。
そこへ道士が今更ながらにやってくる。

「なんです。あなた方は。その女は何なんです」
「死人だよ」
「し、死人――」

男は道士と二人で、そっと大木に歩み寄っていった。

見るト、女は目玉をひん剥いた鬼の形相で。
木に抱きついたまま、石仏のように固まっている。

やがて役人が検死にやってくる。
女の手をなんとか解こうといたしますが。
どうしても木に抱きついたまま離れません。

女の左右の四本の指が、まるで鈎のように鋭く曲がり。
爪が見えなくなるほどに、木の中に深くめり込んでいた。

数人がかりでなんとか指を引き抜くト。
そこに螺子穴のような深い跡が刻まれておりました。

「だから、やめておこうと言ったのです」

呼ばれてやって来た宿の老人は、弁解してそう口ごもる。
三人の仲間は朝すでに死体となっていたという。

聞けば、昨日亡くなった息子の妻を、あの部屋に安置していたのだと申します。
息子が買いに行った「入れ物」とは、棺桶のことでございました。

魔に憑かれた死者が、生者を死の淵まで追いかけるという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(清代ノ志怪小説「聊斎志異」巻一之三『尸変』ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから

コメント

  1. 伊集院華丸 より:

    このたまにカタカナが入ると恐怖が増します・・・

    • onboumaru より:

      ありがとうございます。
      種明かしをしますト、講談や落語の速記本のマネです。
      三種類の文字を使い分けられる日本語は、本当に豊かな言語だと実感しております。