::お知らせ:: 最新怪異譚 焼き場の妖異が我をたばかる を追加しました

 

阿弥陀の聖

この怪異譚をみんなに紹介する

どこまでお話しましたか。
高名な念仏聖が、己の過去を知る男に出くわし、山中で殺してしまうところまでで――。

三太は苦り切った表情で。
男の亡骸を見下ろしておりましたが。

やがて我に返ったものでございましょう。
慌てて男の着物を剥がし、谷に遺骸を蹴落としますト。
再び穏やかな念仏聖の表情を取り戻し。
男の荷物を背負って、悠々と峠の向こうへ降りていった。

それから山をひとつ、ふたつト越しまして。
暮れ方にある人里へたどり着きました。

「阿弥陀仏を勧める旅の法師でございます。どうか一夜の宿をお借りしたく存じます」

聖は人家の戸口に立ちまして。
出てきた老婆に合掌をする。

ところが返事がございません。

ふと、頭を上げて相手を見るト。
老婆はこちらを窺うようにジロジロと見ておりましたが。

「まあ、こんな立派な上人様をお泊めするなんて、もったいなくってハア」

ト、荒屋住まいを大いに恥じ入っている様子でございます。

それから夫らしき老人が出てくる。
聖は招き入れられて、粗末な晩飯でもてなされる。

「お宅はご夫婦の二人暮らしでございますかな」

聖が汁をすすりながら、何の気なしに問いかけますト。

「ハア。倅が一人おりまして、今日にも旅先から帰ってくるはずでございます」

好々爺らしい家の主人がニコニコとして答えます。

ト、その着ている衣を改めて目にして、聖は言葉を失った。

何の変哲もない狩衣ではある。
だが、その袖口に見覚えがある。
袖に珍しく色革が縫い合わせてある。

聖はハッと息を呑む。
気が遠くなる思いがいたします。

――昼間殺したあの男の衣と同じだ。

「おお、これですか。実は倅の衣でございましてな。これが繕ったのでございますよ」

聖が余り熱心に見るので、老人がみずからそう語りました。

老婆は――ト見るト。
部屋の隅に置かれた聖の荷物を、じっと不思議そうに見おろしている。

「上人様」

聖はびくっとして老婆を見る。

「汚れた衣がございますが、今晩のうちに洗っておきましょう。なに、火にかけておけば朝までには乾きます」

ト言って、荷物に手を突っ込もうとするので、

「待てッ」

聖は思わず声を上げた。

老夫婦は驚いて聖を見る。

「あ、いや。それを洗っては有り難みが薄れる。どうかそのままに」

ナドと、分かったようなことを言うよりない。




「ハア。何分、物を知らないもので」

ト、老夫婦は恐縮する。

聖はいたたまれなくなって、早々に寝床に入りました。

――天網恢恢疎にして漏らさず。
悪いことは出来ないものだ――

逃げるように目をつぶるト、そこに己が殺した男の死に顔。
だらしなく開いた口から、蓮の花が咲いて伸びている。
阿弥陀仏の極楽浄土を彩る花でございます。

その美しい花が魔の触手のように、どこまでも聖を追ってまいります。
どこまでも、どこまでも、地獄の果てまで追い詰められるようでございます。

――老婆は気づいているに違いない。

ふと、現(うつつ)に引き戻されてみるト。
そこにまた地獄が待ち受けている。

今頃、老婆は老爺に告げているのに違いない。
うちの倅はそりゃあ昔は悪かった。
しかし今は改心して真面目に働いているものを。
どこの馬の骨か知らぬ坊主が何の因果か――。

「なあ、爺さん。口惜しいじゃありませんかッ」

ト、老婆が涙ながらに訴える様が。
手に取るように脳裏に浮かぶ。

「倅の仇を取らずばなるめえ」
「悪い坊主です。いつ暴れだすともしれない。寝ているうちにやってしまってくださいナ」
「なるほど。婆さん、菜刀を出せ」

ナドと言って今頃、刃を研いでいるかもしれません。

いつしか額に汗が滲んでいる。
体が小刻みに震えている。
ふと、衝立に目を転じるト。

二枚並んだその隙間から。
じっと二人の細い目が。
こちらを見つめているような。
そんな気がしてなりません。

「やッ。あれは――」

徐々に夜目に慣れてきた聖の目に。
衝立の隙間を縫うようにして。
ぬっと突き出たある物が見えた。

青い月明かりを浴びてもなお。
赤黒く浮かび上がっている。
弥陀浄土に咲く蓮の花。

それが蛇のようにうねりながら。
こちらへ向かってまいります。

「やめろ。許してくれ、許してくれ」
「許すまじ、許すまじ」

蓮の花が怨嗟の声を上げながら。
聖の喉輪に絡みつき、締め上げる。

「許してくれ、許してくれ、許してくれ――」

聖は次第に気が遠くなる。

――翌朝。

老夫婦が目を覚ましますト。
衝立の向こうで寝ていたはずの上人様が。
床の中ですでに冷たくなっていた。

「ありがたいことだ。この家から極楽へ往生された」
「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏――」

何も知らない老夫婦は、傷一つない聖の尊体を、いつまでも拝んでいたという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(「今昔物語集」巻二十九第九『阿彌陀聖人殺人宿其家被殺語』ヨリ)

この怪異譚をみんなに紹介する

新着怪異譚のお知らせを受け取る